「陰陽五行と生年月日でわかる=タイプ10種」企画・制作 廣野朝美 技術 野呂嘉江 画 小松容子

我が国の文化、歴史に圧倒的な影響を与えた陰陽五行哲学には、地球には、「陰」と「陽」の相反するエネルギーがあり、それは、男と女、酸とアルカリ、昼と夜のように、相反しながらも引き合い、和合し、溶け合ってはもつれ、混沌とし、時に反発し合っては出会いと別れを繰り返す…という、二元論とは異なる基本的な考えがあります。
そして、五行とは、四季のようにバランスよく循環する5種類のエネルギーのことをいい、それぞれに、「木=もく」「火=か」「土=ど」「金=きん」「水=すい」という仮設代名詞が付けられています。

そして、研究すればするほど、意味深い5つの代名詞ですが、そのひとつひとつにはさまざまな特質(色・季節・味覚・身体の部位・方角等々)が見られます。

「生年月日と陰陽五行」
生年月日をこの考えに配当し、分析していくと、陰陽の明解な5つのエネルギーに分けられ、5つに陰陽があることから、10種(十干)に分類できます。
特に誕生日に配当される十種(十干)を、私は「個人のタイプ」としてみましたが、なかなか言い得て妙なところがあり、血液型以上に、自分にはフィットするものでした。

実際には、生まれた時間と場所まで分析すると、個人の深層心理や容姿、行動の先にあるものまでがわかり、生活の中のさまざまなシーンに役立つので、なかなか面白いのですが、これは、あくまでも個別対応の世界であり、万人に向けて、「今月のあなた…」というような形にはできません。
今回はそのあたりを工夫して、 タイプ10種のお部屋を作りました。

世間では誤解が多く、なかなか理解されない陰陽五行のセンスですが、暦をはじめ年中行事やお祭り、日本建築、日本美術、古典文学、江戸末期までの政治など、さまざまな分野において、私たち日本人は、陰陽五行の影響を受けているのが実情なのです。

それでは、生年月日から「陰陽五行」の一端をお楽しみ戴けたら…と思い ます。

下段のピンク色の文字の隣に生年月日を入力され、「計算」ボタンをクリックされますと、入力された生年月日の誕生日の十干を調べられます。

※年は、和暦、西暦どちらか一方をご選択下さいませ。
※月も、ご選択、日にちに関しては、ご自身で数字を入力なさって下さいませ。

※生まれた時間が真夜中の場合は、出生地と生まれ月の時差をきちんと計算しなくてはなりませんが、計算がご面倒な場合は、前後の日にちの2種のタイプをご一読され、ご検討くださいませ。

※他に、年回りによっても、稀に10タイプの範囲内で、他のタイプに変化してしまう方があります。生まれた時間、出生地が分かれば、詳細分析によりクリアできますが、誕生日だけで判断する場合は、残念ながら、10のタイプのコメントの中から、今のご自分のタイプを見つけていただくしかありません。



このページのTOPへ