わたくし廣野朝美は、フェイスブック、ツイッターは致しておりません。(このことを、ひと言、申し添えさせていただきます)

はじめに... 1

私と陰陽五行との出会いは、1983年、
吉野裕子先生のご著書『陰陽五行と日本の民族』(人文書院)がきっかけでした。

ところが、学校教育から一切退けられていた陰陽五行の哲理は、
あまりにも複雑で、あまりにも難解。

使用される漢字も、馴染みのないものが並んでいますから、
勉強嫌いな私は読み進めるのが大変でした。

でも、なぜか魅力を感じてしまう一冊であったのです。

休み休み読み進むうち、これぞ、日本人のルーツ...!と思えるポイントが
いくつも書かれていました。



 

DSCN9460.JPG

以降、陰陽五行と名のつく書籍をむさぼるように読み続けましたが、
吉野裕子先生のご研究(全著書・近年、全集出版)は他を圧倒しておられ、今では、自分の研究とすりあわせるが如し日々を送っております。

先生のご著書のみならず、
関連図書から勉強がはじまったのですが、34歳の直前、ひょんなお出会いから、私は陰陽五行と生年月日との相関関係を研究するようになっていました。

そして、その研究も25年が過ぎ、
あまりにも面白すぎて止められないどころか、
『そろそろ、陰陽五行=占いではないということを、明快に表明したくなったのです!』

次回につづく...。

 

 


 

最新コラム

このページのTOPへ