江戸風大人の可愛らしいつくり


仕立て上がった帯に、

丁度、側にあった単衣の紬のきもので、幾つかの帯締めで遊びました。

こういうタイプの帯は、

白地、黒地、紺地、白茶、焦げ茶、クリーム色と、どんな色にも似合います。

つまり、きものの色を選びませんので、とても便利に使えます。


さて、こうして写真を撮ってみると、グレーの紬のお仕立ては、糸こきの悪いこと。

間に合わせの仕立て屋さんでしたので仕方ないことですが、お直し行きですね。



IMG_0775.JPG
IMG_0772.JPG

IMG_0778.JPG

IMG_0790.JPG

IMG_0793.JPG

IMG_0801.JPG



大人の可愛らしさを、ちょっとした分量のピンクが醸し出してくれていて、

着回しのよいところがポイントです。

年齢がいくと、ごく淡いピンクの長襦袢が着にくくなりますが、

ほんのりしたピンクでしたら、この帯の着姿の後ろから、

チラリと見え、

袖口からもチラリと見え、きっと、ロマンテイックな雰囲気になるでしょう...。


※桃の花のようなピンクは、お勧めできません



(終)





最新コラム

コメント(0)

このページのTOPへ