色無地のお洒落


色柄によって、上質な大島や結城に似合うのは染め帯ですが、

染め帯は、お生地の上質な色無地に合わせると、

またとないおしゃれ着になります。


また、色無地が一枚あれば、袋帯も含め、様々な帯遊びが楽しめるので、

きもの数寄が最後に行き着くのは、色無地&無地感覚のきものです。


少しずつ、色とりどりの色無地を写真に撮り、

現在の【白生地事情】などを交えながら、白生地の選び方、

日本の色、引き染めの美しさ、楽しさをご紹介したいと思います。


写真は、私肝いりの古代縮緬と、柴崎一重さん自身が織られた紬。

幾つもの色無地のきものは、そのうちに、この下に続けてご紹介致します。



P1010383.JPG

P1010388.JPG



この回、

追々、続きます...。




(終)





最新コラム

コメント(1)

このページのTOPへ