夏の昼食シリーズ 1


夏のお昼ご飯は、特に簡単に済ませたい。
作るのも、いただくのも...です。
 
と、いうわけで、お麺類、お丼、お重といった
それだけでOK!なものを頻繁に作ります。
 
あとは、お漬け物と、冷蔵庫の適当なものでね。

DSCN9052.JPG
最後に大切な汁物ですが、
夏は、とろろ昆布が大活躍してくれます。
 
 
さて、
まぐろ丼は、冷凍のインドまぐろで十分です。
 
よく売れるお魚屋さんで、赤身の多い中トロを
お見かけしたら、その瞬間、まぐろ丼は大成功!
 
1.お刺身用に切ったものを、お醤油3、日本酒1の割合
  で和え、ラップをかけて冷蔵庫で寝かす(10分)
  仕上げにおろし山葵を和えます。
 
  胡瓜、ミョウガの千切りを流水に晒してバリッとさせた
  ものを用意しておき、
 
2.熱々のご飯にすりごまをたっぷり載せ、
  次いで、焼き海苔のもみ海苔、大葉、千切り野菜を載せ、
  最後に、まぐろ、おネギの小口切りを載せて出来上がり!
 
 
※ お野菜たっぷりが美味ですが、水切りをしっかりすることと、すりごまを多めに、焼き海苔は一枚たっぷりと載せてくださいませ。
 
炊きたてご飯があると、もうお外でまぐろ丼がいただけなくなります。そのくらい、美味しいですよ。(手前味噌)

最新コラム

コメント(1)

このページのTOPへ