夏の昼食シリーズ 4


DSCN9635.JPG

 

ー冷やし中華(ごまダレ)ー

 

 今回は、娘時代からのご贔屓、明星食品の【中華三昧】ー涼麺ーを使用しました。

 

 (材料)

涼麺   1袋、  胡瓜  1/2本、  トマト  1/4本、  卵  2個、

鶏むね肉&うす切り豚バラ肉 適宜、  生ワカメ 適宜、  煎りごま  適宜、  

蒸し鶏用長葱&生姜  適宜、 おろし生姜  適宜、

 

 (調味料)  

日本酒 カップ1/4  塩、胡椒  少々、 お砂糖  小匙2、

DSCN9624.JPG


(作り方)

 

1) 鶏むね肉は皮を外し、包丁を入れて平らにしてお皿に載せる。

   お皿の上に、ぶつ切りの長葱、皮付きの生姜の薄切りを適宜あしらい、

   塩胡椒、日本酒を振る。

2) 1)を中火の蒸し器に入れて、12ー3分ほど蒸し、

   蒸し鶏のお皿の上に 薄切りの豚バラ肉を載せ、2分蒸す。 

   あら熱を取った後、お皿の中の鶏肉を手で細く割き、鶏肉、豚バラ肉共に、

   蒸し汁に絡ませておく。 

3) 卵は、お砂糖の他にお塩ひとつまみをいれて軽くほぐし、薄焼き卵をつく

   って千切りにする。 

4) 胡瓜はお塩で全体を揉み、両端を少しを切る。

   切れ端の切り口を 胡瓜の切り口にぐるぐる回してアクを取り、水洗いの

   後、千切りにする。

5) ワカメは十二分に水洗いし、熱湯に通して色よくした後、すぐに水洗いす

   る。 水洗いの後、硬さをみて 4cm程の長さにカットする。 

6) トマトは皮を剥き、適当に切っておく。 

7) 中華三昧ー涼麺ーは 茹でて十分に水洗いし、氷水で締め、水切りをよく

   しておく。 

8) 器に麺を盛り、上記の具材を彩りよく盛りつけ、備え付けの辛子、煎りごま、

   おろし生姜を あしらって出来上がり。

DSCN9626.JPG

DSCN9644.JPG

※ 「中華三昧」のごまダレはかなり美味しいのですが、やや物足りなさ

   があります。 

   女ひとり、またはふたりで軽く済ませる日は、辛子が美味しいので、

   これで我慢できますが、

   奥行きのあるお味をお求めの日は、帆立貝柱の水煮缶の缶汁を

   加えると、ビックリするほど美味しくなります。

 

   たとえば、

   「中華三昧」6袋分の ごまダレに対し 缶汁1缶分を加え、お好み

   の酢加減と甘み、練りごま、ラー油、日本酒、お醤油、おろし生姜を

   プラスされ、 ごまダレの量をグッと増やすことをお勧めします...。

   この美味しいごまダレは、

   他のお料理にも 美味しくお召し上がりいただけます。  
 
 

 
  

最新コラム

コメント(1)

このページのTOPへ