料理という行為を東洋哲学になぞらえると、愛情や芸術に辿り着きます。 美味しくする為の加減には知が必要であり、 バランスの為には五感をフル回転させねば手間のかかることですが、 毎日の手料理に愛情を込めると、 その先には、女の幸せが待っていると思うのでございます。

女の手料理INDEX

1

このページのTOPへ