詰みつつ...

先週末、

知り合いの奥様に美容室をご紹介する事となり、巣鴨へ...。

カット&ヘアダイを待つ間、目白にて所用を済ませ、巣鴨ではお詣り。

お詣り後は、信州の素晴らしい花梨が入手できて嬉しい。


花梨は、外国産のものも売られていましたけど、ピンキリなのです。

よいものは色艶がよく、香りが素晴らしいのです。

日本の農産物は、本当に素晴らしい...と、改めて感じた次第。




IMG_8937.JPG



お詣りの時、

菊花の展示に遭遇したのですが、

菊花の守りを白いボール紙でするとは、なんという美意識のなさ。

野暮ね。

もうもう、がっかりです。


靖国神社の菊花は、どうなっているかしら...と、気が揉めてしまいます。

まさか、

こんな風にされているとはおもいませぬが、心配。




夜、

意中の保守ブログさんのサイトをのぞかせて戴き、

反日にお励みな人々を見るだに、

「詰んでる...」 というか、

「自分で埋めた地雷を自分で踏んでいる...」 というか、

やり過ぎの先にあるものは、暗いものであることを感じています。


やり過ぎた人々は、ある種の達成感に浸るも、

インターネットの普及で、怖れを味わうことに...。


http://e-vis.hatenablog.com/entry/2016/01/11/195251


http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/fd775e53f2b7837be1e68adc97949455




(終)





最新コラム

このページのTOPへ