未来

日本人が農産物の品種改良に臨むと、

それはもう、素晴らしいものが出来る。

世界中が賞賛する美味しさを、

日本人は誇りに思っても良いのではないかしらん。


で、

本日は、玉蜀黍のお話。

「未来」という品種に出会ったのは、三越本店の地下。

ミラクルスゥィートコーンという キャッチフレーズがついていますが、

お味見する限り、大袈裟なキャッチではありません。


それに、

蒸かし立てをサランラップに包んでおくと、

冷めてもシワシワになりませんの。 ここが人間と違うところね。

(いいなぁ、玉蜀黍って...)



IMG_4945.JPG



お塩を振らずとも、十分に甘く、

蒸したてのホカホカも、冷蔵庫で冷やしても、美味。

丸めて天ぷらにすると、昇天の美味しさなのでございます。

勿論、スープにしても...。




IMG_4962.JPG



私の前歯は程々に出ていて、

玉蜀黍を戴くには具合がよいのだけど、

差し歯が増えてしまったせいで、今では、写真のようにカットしております。

従って、

カリカリッとした感じで食す様は、何だかネズミっぽいのね。

(残骸に関しては、色気なし)



ま、

そんなこんなの 「未来礼賛者」ですが、

夜になると、

あんなことをしたり、こんなことをしたり、

うふ、

色々な味わい方をするのでございます。



夏だけのお楽しみよん...。



(終)





最新コラム

このページのTOPへ