女のユーモアって...

昨晩は、

久し振りに、「西楽堂」の西さんとの楽しいご飯食べでしたが、

(少々、飲み過ぎました...)

後半、

私たちは、閉店を決めた店主を慰める「オバサンズ」となり、

今思い出しても、それは、オバサン芸であった...と、思うの。


西さんが、

「あのね、商いっていうのはね...」と、優しく語りかけると、

次いで、

「飽きちゃいけないの!!」

不肖私も参加し、唱和しちゃうのです。←ハモるオバサンズ。


もうひとつ、そんなことが続いたので、

その時、心の中で思いましたの...。


日頃、きつい練習をしているせいで、

私たちって、本番に強いなぁ...なんて(笑)

(生きていると、仕事をしていると...、色々なことがありますもの...)


もし、私が男だったら、

西さんをお嫁さんにして、楽しく暮らしていると思うの。

(お嫁さんはユーモアがあって、官能のセンスのある人がいいのよ)



IMG_4539.JPG



深夜、

本日の心地よき仕事を思い出し、和菓子で一服。

西さんの、

「最近、ブログがずっと準備中ね、朝美ちゃん、もっと書いてよ...」を思い出し、

撮りためた写真を見ると、

あっ!いらっしゃいました!

ユーモアいっぱいの可愛い亜希子さんが!!




IMG_4633.JPG



というわけで、

半月ほど前に撮影した時の可愛らしさを思い浮かべ、

あまりにも準備中が続いていたことを、反省。


最後の舛添辞任の記事から始めるつもりが、

写真を眺めている内に、すっかり心変わり...。

美しいきもの姿からいきたいと思います。




IMG_4501.JPG



「女の人はね、ちょっと下を向いている時に 美しさが宿るのよ...」

なぁんて言って、

下を向いて下るようにお願いしたのですが、

ほぼ、真下を向いてしまうと、寝てしまったように映ってしまいますね。

(あら、ごめんなさい...)



IMG_4494.JPG



「1メートル位い先のところを見てね...」

今度はバッチリですわよ。

可愛らしいだけでなく、奥ゆかしい風情でしょ。

(お肌が本当に綺麗。ツルリと皮を剥いた、桃の肌のような美肌さんです)




IMG_4503.JPG



お着付は、何よりも襟元が肝心。

「ちょっと失礼...!」と、身八つ口から手を入れさせて戴き、

江戸前の合わせ方に直すと、姿見で確認して戴きます。

如何かしら...?

うふ、私の目では、女振りが一段上がったように感じますけど。




IMG_4507.JPG



お着付けのブラッシュアップにいらした午後、

ちょっとしたことで「着姿」が変化する面白さを知って戴きました。

(名古屋からいらして下さって、嬉しいです。ありがとうございます)


お生地のこと、染めのこと、お仕立てや寸法のこと等々、

着物談義に花が咲きましたが、

琳派がお好きとおっしゃり、私の作品がお好きというお話、

この事も嬉しい過日でした。




IMG_4782.JPG



さっき、

桃のような美肌...と、書いたタイミングで、

桃子ちゃんを冷凍庫に入れていた私。

只今、丁度良い感じに冷えております。


小振りな桃にペティナイフを入れると、

珍しいほど、皮がツルリと剥けます。

半分は半月でカット、

残りの半分は一枚ずつのカット。(食べ物に関しては、気遣いの女)

雨が続いているというのに、うっすらと甘く、香しいお味でした。




IMG_4750.JPG





IMG_4800.JPG



そういえば、

明日は、お客様がインドの手仕事展をご案内下さる事になっていて、

かなり楽しみなのでございます。


久し振りのブログ入力は、

始まってしまうと、なかなか終われません。

心が熱くなっているらしく、スッとパソコンから離れられないのです。


でも、

歳が歳なので、

強制的に、本日終了...!!



(終)




最新コラム

このページのTOPへ