往生際

こどもの日に「柏餅」をいただかなかったのが、何とも気持悪かったのですが、

(実は、それ以前に2度程いただいています。でも、やっぱり、こどもの日にね)

これは、気分というもの。


だけど、

こどもの日に柏餅なんていう「日本の風習」は、いずれ廃れてしまうのかも...。




IMG_3137.JPG



こし餡も、味噌餡も、美味しいお店のものならどちらも大好き。

(ふたつくらい食すのは、あっという間の出来事ざます)

絶妙なタイミングでのお差し入れ、ありがとうございます。

(ご近所にもお福分けし、丁寧に淹れた走り茶で、心ほのぼの...)




IMG_3145.JPG



さて、

人品卑し気な、あの御仁の記者会見の醜さ、往生際の悪さったらありません。

あの御仁に何かあると、

すぐに 元嫁として取材されてしまう片山さつき議員が、本当に気の毒になります。

(片山さつき議員いわく、せこいのは、昔からだった...)



※以下、笑っちゃうほど論理性に欠ける、舛添都知事の記者会見の釈明および

ごもっともなご意見色々。(辞めたくないのでしょうね。都民の心知らずなのね...)


http://www.sankei.com/premium/news/160513/prm1605130010-n1.html


https://www.youtube.com/watch?v=MqDZvcQnexo


http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/26a46fcf146269d5d83a5c76d718c672



それにしても、

この問題は、自民党の命取りにもなりかねない事案。

自民党を出て行った男を、公明党の押し切りで選挙応援したのですからね。


ゲス不倫と言われた、宮崎謙介議員をバッサリ見限った時のようなスピード感がないと、

次の選挙が難しくなると思うなぁ...。


公明党が舛添をバックアップしていても、果たして支えきれるかしらん。


第一、

意見の異なる自公が、選挙のためだけに合体している状況がおかしいのだし、

マスコミは、今までのように、またまた舛添を守るのかしらん?



しみったれた経費の横領以上にひどい、朝鮮学校の問題、

あれを許してよいのかしらん。

ダメでしょ。

国益に反することばかりやっているハゲなんて、ダメ。

世の中の、

心麗しきハゲの方々にも、申し訳が立たないでしょ!


新宿区の希少な一等地を、

しかも、自衛隊の施設のすぐ側であり、広大な敷地なのです。

そこを、新しく建てる朝鮮学校に貸し出すなんて、

(現状、都内の朝鮮学校は定員割れしているそう...)

この暴挙が、独断で推進されてよい訳がありません。

未来永劫、どんなことになってしまうのか、考えずともわかっちゃうこと。



半月ほど前に、

パククネは、先日の「日韓合意」を反故にする発言をしているのよ。

世界中に点在させた「慰安婦の像」を撤去する...と、

世界中の報道陣の前で読み上げたことすら、半年もしないうちに反故にするのよ。


つまり、約束違反。

撤去すると言っていたのに、撤去しないのですって、慰安婦の像。

「やっぱり...」とは思うけれど、

友人にはなれないし、親戚にいたらおつきあいできません...という精神性なのね。

(新聞、TV、このこと報道しないでしょ)



舛添が独断で決め、

追求されても専任事項だと言い放った鮮学校の事案、

これを知った人たちは、怒りを爆発させているのよ。

だから、

新聞、TVは殆ど報道しないでしょ。これが彼らのいう報道の自由なんでしょ?

(日本語を理解しない人達の集まりなのね、報道する側というのは...)


昨年、

パククネに会いに出かけた際、

朝鮮学校の敷地提供について、約束してきたのでしたよね、

サンケイニュースで読んだ記憶があります。


記憶を辿れば、

土地が空くことを知って、以前から画策していたということが想像できますね。


民主党時代に、

相当な都心の一等地が、中国に売られてしまっていますから、

(国益を損なうどころの話ではありません)

これに倣っているのかもしれません。

(今回は、ちゃっかり借りて、返さず...っていうシナリオですか?)



日本という国は、いつの間にか、反日議員がわんさかわんさか...。

帰化しても、反日活動を続ける帰化議員がわんさかわんさか...。



近頃では、

どこへ行っても、

コンス、コンス、コンスの洪水で、嫌になってしまいます。

【お腹痛いの?】

【トイレに行きたいの?】

と、思わず聞きたくなってしまう、あのおかしなポーズ。

若い女の子ほど、

仕事が出来ない女の子ほど、

嬉しそうに、得意気に、コンスをしているのね。


あぁ、世も末。

オバサンは、情けない気持でコンスを眺めています。

「そのお辞儀は、研修で習ったのですか...?」

と、毎日、お聞きしているのですが、


ここへ来て、急速に広まったコンスに疲れ果ててしまい、

無駄な抵抗...というか、ある種の敗北を感じております。



※以下、BB女史のコンスの記事。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/d7fa5089807428444a386a5b677143db#comment-list


※日本の正しいお辞儀の仕方。必見!!

http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/cfc876c458bd3954aaaf529e90f6d02b


※小笠原流による日本の正しいお辞儀の仕方。必見!

http://blog.goo.ne.jp/chaos1024/e/290a15041036bf60a4bc5c4d34ed893d



最早、国民はしっかりしないといけません。


「内部侵略」のひとつがコンス。


祝祭日に国旗を揚げないのも、君が代を唄わせないのも、内部侵略です。


卒業式に、着物を禁止してしまう学校もあり、これも、内部侵略のひとつ。


内部侵略という名の戦争に、日本は負けてしまったのです。


巻き返して行かねばなりません。


若い人達には、コンスの意味を知ってほしいもの。


女がバカになると、家が持たず、国が滅びます。

(歴史が教えてくれること、見直さなくっちゃ)



※受験の試験問題で反日教育をするのも、内部侵略。

水間政憲氏の素晴らしい仕事。必見!!

https://www.youtube.com/watch?v=6Q8efSUbOUs



恐らく、「ゆとり教育」というのも、内部侵略のひとつでしょう。



今宵、

改めて、「分水嶺」の三文字を、胸に刻んでおりますが、


日本人は、

まさに、際どいところに立たされているのですな。




(終)





最新コラム

このページのTOPへ