生年月日が教えてくれるもの

1歳半の男の子の生年月日、

61歳の女性の生年月日、

83歳の女性の生年月日、

44歳の女性の生年月日、

お会いしたどの方々も、生年月日を生きているのが、研究者としては嬉しい。


お婆ちゃまとお孫ちゃん、

お母様とお嬢さん、

ふたつのご家族は、それぞれの家風、個々の気持を背負って生きています。

もちろん、私も...。


半月ほど前にお出会いしたお客様と

18年間、私の分析を求め続けて下さっているお客様とでは、

セッションの仕方こそ違うものの、

今日という今日は、

「陰陽五行」の確かさを楽しませて貰いました。



IMG_1505.JPG




IMG_1590.JPG




IMG_1557.JPG



韓国人学校問題を起こしている舛添要一の厚かましい態度を知った時、

ちょっとあなた! 今度という今度は、許さないわよ...!

と、

憤ったのと同じボルテージで、

今日という今日は、陰陽五行の魅力を思い知ったのです!


同窓会のようだった、

83歳のママとお嬢との会話は、心の裡の財産であり、

母娘の表情が和らぐのを拝見できるのは、研究者としての喜びであり挟持。


83歳のママの人生、登場人物の人生を見させていただく身として、

今夜は、研究に一区切りつけられたような思いでした...。


レストランの座席で、

何が何でも母娘の写真が撮りたくなり、

何が何でも陰陽五行の私は、

お嬢のスマホを拝借して、パチリ...!


写真の中の笑顔の晴れやかなこと。


「あら、いい写真ねぇ...、これ、明日、焼いて頂戴」

「飾る?」

「飾るわよ」


明日は夜桜を見に行かれるという母娘の、楽しげな様子...、

その様子に、

昨年は散々だった気持にポッと明かりがつきました。



ワタクシ、この先もずっと、

死ぬまで「陰陽五行」を抱きしめていくのね...。



IMG_1589.JPG



帰り道、

渋谷に向かう東横線は、

わざと一番前に乗車!!


左右のドアから、「目黒川の夜桜」を愛でたところ、

(高い場所から眺める桜は、凄いボリューム感!)

瞬時、夜桜のボリュームに圧倒され、

内省的な気持など、吹き飛んでしまいました!




(終)





最新コラム

このページのTOPへ