私的・おみくじの引き方

ここ数年、毎月一度はおみくじを引いていますが、

一瞬にして、

ハイ&ローの気分が味わえるおみくじは、

漢字で書くと、「お神籤」または「お御籤」ですって。


ペラッとした紙切れの割に、

そこには人の心を左右する事がズバッと書かれていて、

しかも、

道徳的、教育的なことまで示唆されているのですから、

ご先祖様のセンスって、本当に素晴らしいと思います。



IMG_9604.JPG


過日、

おみくじで大吉がでたというメールを戴き、

あまりの嬉しさに、すぐにお相手に電話をかけてしまいましたが、

まず、

神社との相性(方角)を見極めること、

お御籤を引く時には、真摯に丁寧にガラガラ...と細長い箱を振ること等、

自分の経験則をお伝えしました。

(気もそぞろに引いてしまった時の、「後悔のドラマ」も...)




IMG_9297.JPG



以下、

私的・お神籤の引き方です。

(1)自分にとって、よい方角の神社を選ぶこと。(★選び方については後述)

(2)社務所の前に立つ時は、背筋を伸ばし、スッと立つこと。

(3)巫女さんからくじの箱を差し出されたら、軽く一礼し、丁寧に受け取ること。

(4)くじが入った箱は、気を入れて(心をこめて)10回ほど振る。

(5)振り終えたくじ箱は、にこやかに巫女さんに手渡す。

(6)おみくじを渡されたら、軽く一礼し、にこやかに社務所から離れる。


以上ですが、

まじめに努力していらっしゃれば、小吉、中吉、大吉、

これらの文字が並び、

書かれている注意事項や励ましの内容は、現実に即したものになると思います。

(現実に即していると、背中を押されているようで勇気が沸いてきます...)


でも、吉うんぬんより、

小さな文字で書かれていることを理解することが、肝。

反省と希望に繋がり、次なる行動のよすがになり、お神籤の楽しさに繋がります。



★よい方角とは

吉方は、生年月日(生まれた時間と場所も)がわかれば、

陰陽五行の法則によって導き出せますが、

それが出来ない場合は、

ご自身が行きたくない方角を避け、

出かけると、「元気になれる気がする方角」を選んで下さい。

また、

寂れた神社では、エネルギーをいただけません。

活気のある神社を選んで戴くことが、大切です。

(感覚的に、元気になれる方角が分からない人は、鈍感であるとご認識の程...)




IMG_9310.JPG


     お差し入れの苺、ご馳走様でした。(謝々)

     美味しくて美味しくて「おまおう」にお砂糖をまぶしたような甘さ。

     日本人の研究熱心さと知力の結集、新種の「まりひめ」ちゃん。



IMG_9312.JPG



昨今、

日記を書くことの効用とお神籤を引くことの効用は、

かなり似ていると感じていますが、

神社とスピリチュアリズムを混同される方が多いことには、疑問があります。


このことは長くなるので別の機会に致しますが、

お時間のあられる折り、

ぜひ、

ご自宅からみて東西南北、あちこちの神社に出かけてみて下さいませ...。


帰りに、

元気を背負わせて下さる神社が見つかる事とと思います。


神社は宗教の場ではなく、

素の自分に還れる場所であること、

生まれ落ちた以上、努力しなくてはいけないこと、

ご先祖様、周囲の方々に感謝しなくてはいけないこと、


そして、

五穀豊穣の大切さを、ごく自然に分からせて下さる場所なのです。


五穀豊穣といっても、

農業に就いていなければ、お仕事の大切さ、家族の大切さ...のことですね。



戦後、

GHQにより、日本は独自の文化を壊されてしまいましたが、

お伊勢参りが江戸時代に大流行したように、

今また、人々の間で、伊勢神宮への参拝ブームが続いています。


こういうことをみると、

戦後70年が過ぎて、大きな【揺り戻し】が起きているのだと感じます。


日本人は、

感じやすい民族なのです。

実力があり、知的なので、「沈黙は金なり」などという哲学を信じていますけど、

世界を俯瞰すると、

こんな哲学を背負っているのは日本人だけなのです。


まっとうな報道がされていないので、

私たちはぼんやりと暮らしていますが、

欧州はイスラム系の移民問題で大変な状況になっているのが現状。


と、いうことは、

移民問題は日本にも押し寄せて来るでしょう。

いや、

戦後から増えに増え続けた今、既に移民問題は拡大しています。

(特亜三国からの移民が、どれだけの悪事を働いていることか...)

なのに、

これ以上、移民が入ってきたら、

彼らはどんどん子供を産み、

今、欧州が困っているように、日本も更に大変なことになります。



お神籤の引き方から脱線してしまいましたが、

各地にある神社は、大きな神社の支店だったり、

独自の神社として、市井の人々の拠り所となっていたのですから、

長く続いている神社には、意味があり、訳があります。

必ずご神木があり、お手水場があり、境内には濃密な気が溢れています。


この素晴らしい場所が、

昨今、特亜の暴漢に放火されたり汚されていること、

この数が凄いことになっているのです。

私はこの失礼を許すことができません。



最近も、

靖国神社で小さな爆発がありましたが、

報道は、「爆発音...」という庇い立てするものに終始しています。


爆発なのに、爆発音て、一体なんざますか...?

しかも、

この犯人を韓国へ逃し、

再入国させているのです。

再入国の段では逮捕したようですが、手ぬるいこと夥しく、溜息が出ます。



こんな時、

ロシアだったら、どうするでしょうか。

フランスだったら...?

イギリスだったら...?

トルコだったら...?


と、骨抜きにされ、

いつまでも敗戦国の屈辱を味合わされている日本、

この国のことが、本当に心配になります...。


子供達のために、

明日のために、

憲法もナントカしないといけない時期に来ていますね。


こういうことを考えていると、

心が熱くなり、

日本国に対する愛情を感じざるを得ません。



日本が、日本人の心が、まだ素晴らしかった時代に生まれ、

楽しい少女時代、娘時代を過ごして来れた世代の自分にすれば、

あの頃のように、

豊かな教育環境、豊かな町内会、

心豊かな家族関係が取り戻せれば...と、日々、悶々と致します...。


今宵も、

あぁ、悶々...。



「ナントカ川上さんの経歴詐称や、 保育園落ちた日本死ね」

テレビも新聞も そんなつまらない報道ばかり繰り返していないで、

都会の保育園の問題は、真摯に提唱し、

桝添ねずみ男の行状を報道すべきなのですけどねぇ...。


猪瀬氏の時代に比べ、

桝添への甘さはどこからくるのかしらん。

(わかっているけど、言いません)


※以下、

ゲスの極みの最たる男の行状の一部。

特に、都民は知らなくてはなりません!


http://www.sankei.com/politics/news/160319/plt1603190004-n1.html

http://www.sankei.com/politics/news/160323/plt1603230036-n1.html


新聞、テレビ、政治がダメだと、教育もダメになりますね。

物事は、みな、繋がっているのです...。



いつまでたっても、

悶々...しちゃって、これってお肌に悪いわぁ。



★お清めに一曲!

大好きなエヴァ・キャシディの枯れ葉。

https://www.youtube.com/watch?v=xXBNlApwh0c




(終)






最新コラム

このページのTOPへ