デザイン

永代橋袂の桜は、いつも通りに早々と咲き、

道行く人、車が渋滞に嵌まった人は、ちょっと嬉しい。

もちろん、私もね。


嬉しいので、

近頃、早朝のお散歩は、永代橋を折り返し地点としております。




IMG_0341.JPG




IMG_0353.JPG




IMG_0411.JPG




IMG_0401.JPG




IMG_0361.JPG






IMG_1039.JPG



仕事場に置かれた「桜」を眺めてみると、

桜花を絹布に写すことの難しさを、しみじみと思う...。

うっかりすると 野暮になりやすく、

デザイン化がやっかいなのです。

だから、

着物も帯も、作品としては一点ずつしか創っていません。

もっと創りたいものの、

作品となると、菊花の方が断然面白いのです。


面白さゆえに好きになり、

菊の意匠だけで、個展を開きたくなるほど魅力を感じます。

日がな一日、

「お菊ちゃん」のことを考えていて、少しも飽きませんの。

(私の頭のネジは、最早、菊の花びらになっているかも)



IMG_0491.JPG



銀盆の縁にあしらわれた桜花は、

単独使いより、蒔絵との組み合わせが美しい。

銀盆に重ねた漆器に、おしゃれなサンドゥッチとクレソンが載れば、

おしゃれ感満載...!

春のアフタヌーンティが、心豊かになります。




IMG_0499.JPG



お気に入りではないけれど、

春、必ず登場させる、サクラ印の箸置き。

銀の豆皿に載せると、ちょっぴりエレガントに。



IMG_1177.JPG



知らず知らずのウチに、

ごく自然に集まった桜花。

お湯のみに至っては、桜に気づかず求めていました。

まだ20代の頃、

珍しいほど細面の胴体に惹かれてしまったのですが、

本日、

あらあら...と、手に取り、

「へぇ...、桜が居たんだ...」っていう、お馴染みのいい加減さにひとり受け。


敏感なくせに、大体が適当なのね。



適当...と、いえば、

例のヤフオク事件のこと、


先程、蒔絵の蓋物を写真に撮る時、

照明の加減で色々と映り込んでしまいましたが、

ナルちゃんは、自分が映り込んでいることに気がつかなかったのかしらん。


もしかしたら、デジカメではなかったのかしらん?

お部屋の中も映り込んでしまっていたというのに。


違う意味で、ナルちゃんも テキトー...?


高田純次さんにお聞きしてみようかしら...。


ヤフオク事件をご存じない方にはちんぷんかんぷんな独り言ですけど、

あの事件のことは、「正義の味方」として風化させてはなりませんのよ。



あらあら、

夜更けのせいかしら

悪のり気分に抑制が効きません。



※本日の昼食。

にしん蕎麦、だし巻き。




(終)





最新コラム

このページのTOPへ