いつもと違うお正月...

新玉の三が日は、神社巡り...と、決め、

身体に無理をせず、

午後から、意中の神社を回ることに致しました。

(神社巡りなんて、歳のせい?)


混雑の激しい「靖国神社」、「明治神宮」だけは、

黄昏れ時に、学生時代の友人と待ち合わせしてのお参り。

夜のお参りは、お社がより美しく映え、

並んで歩くことで、夜ならではの荘厳さを共感しあえます。




IMG_8639.JPG



10時過ぎに仕事場のお掃除をササッと済ませると、坪庭の水遣りを少々。

後、特別仕立てのお餅で、「揚げ餅雑煮」を拵えましたが、

このお餅があまりにも美味しいので、

追加、追加...!で、暮れの内に、128切れを備蓄するに至りました。


自分用に、お客様に、来月いっぱいは楽しめそうです...。



IMG_8480.JPG



厚みがあって、本当に美味しいお餅です!

願わくば、

もう少し「搗き」をよくして下さったら、コシのあるお餅になったのに...。

それだけが残念。

とはいえ、今時、珍しい美味しさなので、

暮れ内から、毎日、揚げ餅を拵えていたのです。← 目下、揚げ餅に夢中。


下の写真のお餅は、いつものパック餅ですが、

こちらはこちらで、冷蔵庫で「水餅」にしておくと美味しくなるのです。



IMG_8500.JPG



大根おろしに必死、柚子&三つ葉にかまけていたら、

お餅を揚げすぎてしまいました×××


揚げすぎもいいところですが、

上等なお出汁をたっぷり注いだ、「揚げ餅のみぞれ椀」は、

おなます、筑前煮、黒豆、蜜柑の小鉢のお陰で、大満足なブランチとなりました。




IMG_8601.JPG



さて、

お昼前に、久し振りの「世界湯」へ行くと、

楽しい会話がたくさん待っていました...。


脱衣所でひとしきり笑った後、

芳町の芸者さんにいただいた「飴」を口にし、

「あら、もう、12時半...」なんて、身体を洗っていると、

お隣に、ご常連の奥様がいらして、新年のご挨拶。


色々と為になるお話をして下さり、

「もう、今の時間は、知った人はひとりもいないわね」

「そうですか...」


「そうよ。だけど、あなたも時々でなくて、もっといらっしゃいね」

「はーい!」


「年中、お顔が合っているとね、具合が悪くなったりしても、安心なのよ...」

「本当。 ご近所って、ありがたいですよね...」



IMG_8678.JPG



「初湯」に出掛けたお陰で、

ほのぼのとさせていただきました!

8時から13時まで...という変則的な時間でしたけれど、行って良かった!




IMG_8855.JPG



ところで、

脱衣所といえば、まさに、女の楽屋裏。

ジムのお正月も面白いけど、銭湯のお正月の面白さったらありません。



ババシャツを着終え、「雅子さん、出てきてよかったわねぇ」

と、仰る方がいれば、

「えー?あの人、怪しいことがあるらしいわよ、娘が言ってたけど...」

と、長目のパンツをたくし上げるオバサマがいらっしゃいます。


他にも、

「なんか、皇太子とふたり、下品じゃない...?」と、櫛けずる奥様あり。

「でも、女の子しか産めなかったから、大変なんじゃない...?」

と、バサコさんを擁護する、だいぶお姉さんの芸者さん。



ま、

平均年齢70歳前後と思しき世界湯の脱衣所は、

よくも悪くも、まだまだ皇室信仰が蔓延っているのでございますね。



お姉様方には意見を言わず、複雑な思いを抱えましたが、

今年は、

昨年とは違いますからね、嘘を突き通すと、はて、どうなるでょうか...。


★(でれでれ具さんの渾身の記事)

http://e-vis.hatenablog.com/



世界湯の後は、

元旦のお墓参り後に寄った、「北野神社」の梅の具合を確かめに行き、

飯田橋の「大神宮」経由で友人と待ち合わせし、「靖国神社」へ...。



靖国の後は、

元旦と同様、友人宅にて晩ご飯。

元旦は、蟹づくし、

二日目の夜は、二人で好きなものを拵え、讃え合う「オバサン大会」です。



(終)






最新コラム

このページのTOPへ