少し勉強すればわかる「憲法」のこと


戦後、GHQによる反日教育のせいで、殆どの人が憲法アレルギー。

(日教祖は、GHQのお先棒を担ギながら、巨大化・悪辣化していきました...)

特に、

女性は、「憲法..」.と、聴いただけで、逃げの体勢に向かってしまう。

こんなことを書いている私も、ずっとそうだった。



IMG_6933.JPG



だけど、

倉山満氏の著書を読んで以来、目覚めたのです!

それからは、

浅くですけど、色々と勉強致しました。

アメリカに押し付けられた、

呪縛のごとし憲法を後生大事に保持しているなんて、

世界中の笑いものであるだけでなく、

今の世界情勢にあっては、国を守ることなど、到底できません!




IMG_6993.JPG



でも、

保守言論人の多くは、あまりにも暗くて、説明が下手すぎるので、

ユーモアに溢れた、日本贔屓の米国人弁護士/ケント・ギルバートさんに、

※以下の動画で、左翼が騒いでいる「憲法9条」のことを、明快に教えて戴きましょう。




IMG_7078.JPG



※短くて、とってもわかりやすいの...!

https://www.youtube.com/watch?v=wFd3dG2Ec9U


※ケント氏のブログ

http://ameblo.jp/workingkent/entry-12094116997.html

※マスコミは、武道館に1万人以上集まった会をスルー。

産経新聞は、以下、きちんと伝えています。

http://www.sankei.com/premium/news/151110/prm1511100016-n1.html



※かっちゃんこと、高須克也氏も 会場でハリキッテおられます。

明るい話題の有名人が、多数サポートして下さると、国民の意識も変わると思います。

意外なところで、

田村正和さん、スマップや嵐、五郎丸選手やカズのチーム全員、

白鵬、遠藤、浅田真央ちゃん、羽生弦くんたちが、

声を上げて下さると、グンと弾みがついてよいのですけど...。




IMG_7081.JPG


IMG_7083.JPG


IMG_7085.JPG



※予算委員会で出席できなかった安倍首相は、ビデオメッセージで。

5ー6分です。

https://www.youtube.com/watch?v=BpAP7jEiJNY


仕事場のポストにチラシが入っていたので、

実は、私も申し込みしましたが、

先夜より発熱し、欠席してしまいました。残念。

本当に行きたかった...。


今までは、

憲法...と聞いただけで、気持が逃げていた自分なのに、

民主党政権の悪政以来、

忌まわしき尖閣の、あの事件以来、

日本之現実に、心が突き動かされていきました。

ひとりで出掛けるつもりだったのですから、変われば変わるものです。




IMG_6930.JPG



※本日の昼食。

友人の手料理が美味しかったので、

2日続けて冷や奴の上に卵焼きと花鰹をのせたもの、

ポークソティ・バター醤油味/ニンニク、トマト、ペンネのサラダ添え。

(キャベツが硬い季節ゆえ、キャベツにはレタス&皮を剥いた胡瓜を混ぜています)

         ↑ ↑ 口当たりがよくなり、とても美味しいのでお勧め!


千切り野菜とマカロニラダを三回お代わりしたので、ご飯はパス。

他に、昨夜のお味噌汁(なめこ&三つ葉)、富有柿1/2個。




IMG_6986.JPG



日本の将来があまりにも心配なのは、

インターネットを駆使すれば、当然、解ることです。


長いものには巻かれろっていうでしょ、

面倒なことはイヤよ、

難しい話はやめて...、

文章読むのは嫌いなの、

なぁーんて言っていると、後で後悔することになるかもよ。

日本は今、中国の属国になりかねぬところに来ています。



沖縄の今をご覧なさいませ、

日本中から左翼が集まり、そこに、中韓の在日が混ざり、大変な状況でしょ。

もし、

沖縄が盗られたら、どうなりますか?!

こちらに関しては、何れまた...。


今年は、頭の痛い、怒らずにはいられないニュースばかりが続いていますね。

犯罪のありようを見るだけで、

確実に、内部の深いところで、何かが蠢いているのを感じざるを得ません。


ドンパチはなくとも、

司法、教育、文化に対する「内部侵略」という戦争、

諸外国に対する、

日本毀損の「プロパガンダ戦争」は、ますます熾烈になってきているのです。


※以下、河添恵子&杉田水脈ご両人の檄トークです。

(この回は、タイムリーかつ共感し易い内容...)

https://www.youtube.com/watch?v=o0KWDLrPC0U



ひとりひとりが、

防衛・防犯意識を持たざるを得ぬ時代が近づいているようです。


美しい日本を取り戻さなければ...!



(終)





最新コラム

このページのTOPへ