日の丸の美しさ

反日メディアは日の丸が嫌いらしく、

スポーツ選手が日の丸を掲げたり、国歌を歌う姿を報じない。

NHKでさえ、←(公営放送なのに、反日に成り下がっているから解体してほしい...)

浅田真央ちゃんが表彰台に立つ姿も、羽生選手が日の丸を背負って滑走する姿も、

殆どの国民は知らない。


(二人が日の丸を背負い、誇らしげに滑走する姿は、それは美しいのに...)


よって、

私は産経新聞とインターネットから、

スポーツ選手の日の丸と、愛国心に気付く事となる。

(産経新聞が一番まともだけれど、皇室関係の記事はおかしい。←是、記者が反日?)



IMG_6338.JPG


先月、

予選で3勝を果たした、ご存知!日本のラグビーチーム。

人気者となった「五郎丸選手」は、

「日本のために戦います!」と、インタビューではっきり答えているのが嬉しい。

だって、

ワールドカップですからね。


国歌の斉唱も、

キャプテン主導のもとで、外国人選手に歌詞の意味を解説しているという。

キャプテンは外国人ですが、日本に馴染み、お子をなし、帰化されていらっしゃいます。

そして、

何度も何度も、「君が代」を練習したというのですが、

練習風景の写真、

実際にチーム全員で斉唱する姿を見て、涙腺が刺激されてしまいました。


外国人選手も日本人選手も、

正々堂々、微動だにせず、君が代を歌っているのです。

この姿に 多くの人々が感動し、「サッカー選手とは大違いである!」

と、方々で囁かれることになってしまったのは、ちょっと可笑しい。

国民は、ちゃんと見ているのですね。

http://www.news24.jp/articles/2015/10/13/09312113.html


大相撲と違い、ラグビーは「チーム力」がものを言いますから、

外国人選手とのコンセンサスが取れていないと、勝ち上がれませんよね。



IMG_6324.JPG


そして、

日本が誇る自衛隊の由井氏も、

宇宙の彼方から、ラグビー日本を、大々的に応援!!

宇宙船の中に日の丸を掲げ、ユニフォームを着込んでの応援です!!

素敵!こんな応援、見たことありませんよね。

(愛国心はもちろん、知性とユーモアも...)


難しい実験をこなしながらの応援なんて、

心に余裕がないと出来ない芸当ですもの、いい男です!!


ユニフォームはラグビー協会からの依頼。←コウノトリから機内に運んだという。

頼まれてOKする由井氏も 素晴らしいけれど、

ラグビー協会は、ちゃんと仕事をしている。

あのスケート連盟のいかがわしさとは、雲泥の差があるわね。



IMG_6570.JPG


その上、

ニッポンの体操界も、またまた大活躍!!

先週は、「世界体操」で、団体優勝を果たしました!! パチパチ!!

(もうもう、ユニフォームそのものが、日の丸...)


更に、

団体優勝の後で、内村航平クンが個人優勝!!

http://www.sankei.com/sports/news/151023/spo1510230007-n1.html


「スポーツに勝ち負けなし」という方もいらっしゃるけど、

時に、競うことも大切。


「お先にどうぞ!」な生き方の私が言ったところで、「説得力なし」だけれど、

スポーツの場での勝利は、戦争と違って、明るい気持をもたらせてくれますね。


反日メディアは、

日本人にプラスになることは報じない癖に、

中韓のマイナスになることも、報じないのよ。

つまり、大人じゃないの。

これって、失礼でしょ。

だから、

今日は、清々しい気分で、写真を貼り付けましたのよ。




IMG_6101.JPG



それにしても、

急に冷え込んだ、東京。

最高気温17度って...?

おお、ブルブル。


※本日の昼食。

今年最後の枝豆「紫ずきん」、きざみ饂飩、昨夜のおかずの残り、柿(黒あま)1/2個。




IMG_6672.JPG



安倍首相の命の無事を、ひたすら祈念していた二日間。

★韓国で、暴徒に遭いませぬよう...。

http://www.sankei.com/world/news/151102/wor1511020062-n2.html

http://www.sankei.com/politics/news/151101/plt1511010029-n2.html


★西村慎吾氏のご意見、まさに正鵠ものです。

http://www.n-shingo.com/jiji/?page=1144



分水嶺にある日本、

少し時間がかかっても、

復活、復活、復活...!!


「政治に無関心過ぎた」こと、

今更ながら、恥じています。



(終)





最新コラム

このページのTOPへ