人形町・日山ー今半 ★急速冷凍

人形町・日山さんから連絡があり、予約していた「牛テール」を戴きに行く。

(職人さんが見せて下さったテールは、緻密に霜が入っていた...)


「わぁー!ちょっと小さいけど、こんなに素晴らしいのって、人生で初めてよ!」

「(笑)ねっ!いいでしょう!甘みがあると思いますよ!」


そして、

いつもより小さかったから...と、

職人さんは持ち場に戻り、他のテールの先の方をつまんで再登場。

にっこりと、オマケ して下さった。

「ありがとうございます!」



IMG_5891.JPG



包装を待っている間、

目の前のケースを覗くと、「牛スネ」がアッピール!

私に向かって、「よい気」を発していました。

特に、

一番手前に並んでいた2つは、ゼラチン質の具合がよく、

2つを計っていただくと、何と、 500グラムが少し切れる大きさです。

ひとつが大きい!!

他のスネは、赤みが勝っていたので、こちらだけを包んで戴きます。


牛スネは赤みの部分が多いので、よい部位を買いためておき、

冷凍室で10個前後になってから、「シチュウ」を拵えるのです。

20代の頃は、

ビーフシチュウといえば、バラ肉を使いましたけど、

30歳を過ぎて、スネの味わいが好きになりました。

(大概、1/3をポトフに、2/3をシチュウにするのです...)


そして、

買い置き作戦をするようになったのはね、昨年から。

それまではね、2キロ位い...とお願いし、「塊」を注文していたのです。


人形町・日山さんでは、煮込み用の時には、月桂樹の葉を添えて下さいますが、

これって、センスのよいサービスでしょ!(ご近所自慢をしたくなっちゃいます...)



IMG_5864.JPG



そして、お隣のケースを覗くと、

焼き肉用(タレに漬け込んだもの)のお肉も、輝いていました!

薄味なので、とても便利。霜降りのところだけ400グラムほど。



IMG_5896.JPG



豚ロースも、かなり美味しそう...。

牛ロースの切り落としは、今日は脂身が多すぎてパスだったから、

取り敢えず、美味しそうなところを2枚だけ。

(ソテーにも、とんかつにも...と、出来たてのひと皿を妄想)




IMG_6504.JPG



しゃぶしゃぶ用のバラ肉も、層が綺麗だったので10シート。

もっと欲しかったけれど、他のは脂身が多かったので断念。



IMG_5883.JPG



日山さんを後に、

お次は、今半さんの支店の方へ...。

こちらの豚の肩ロース(薄切り)のファンなのですが、

本日は「売り切れご免!」

ふと、手前左のケースを覗くと、

牛もも肉の一角が輝いていました。

(ふた切れは「味噌漬け」に。残りは、南蛮漬けに...)



IMG_6159.JPG



最後に、今半さんの人形町本店を覗き、

大好きな「東京エックス」の切り落としを...。

すると、ばかにナントカポークというのに「力」を入れていらっしゃるので、

本日は、そちらと半分ずつ。



IMG_5871.JPG



※昼食が「おろし蕎麦」だったので、

仕事場に戻って、作り置きの味噌床を取り出すと、お味噌をもも肉に塗ります。

↑↑ 試食体制ざます!



IMG_6196.JPG


IMG_6200.JPG


IMG_6207.JPG



さて、

お野菜を刻みつつ、お肉の様子を見つつ、

食器やコーヒーの準備をしつつ、

ひとり試食会は大成功...!


たった30分ほどお味噌をまとっただけなのに、←少々、揉み込む。

お味噌、お醤油、日本酒、味醂、ザラメの実力には参りました!


もも肉も、脂が多すぎず、さりとてしっとりとした甘みがいっぱい。

100グラム/500円(本日のお買い得品)なんて、驚きのお味でございます。


残りは脂が少ないので「南蛮漬け」になる運命ですけど、これはこれでいいの。

適材適所っていうわけね。



あら、ここまで書いて気付いたけれど、

この歳になっても、まだ、お肉LOVE。


第一、

最も消費量の多い、牛ロースの切り落としが買えなかったこと、(在庫ゼロ)

このことが、本日一番の残念事項。



二番目の残念は、

カルピスバターを買い忘れたこと。



明日は、お野菜の買い出しデーでございます。




(終)





最新コラム

このページのTOPへ