風邪って、抜けた時はわかりますね!

ヨロヨロしながらゆっくり治そう...と、思っていた風邪。

ところが、

結局、動きすぎてしまっために、ぶり返して、2日間がパー。

大いに反省し、

今日はのんびりペースで過ごしました。

って、子供の絵日記みたいね。




IMG_5714.JPG



お差し入れのアップルパイをコーヒーでお頂戴した後、

水仙の鉢を眺めては、葉の細さが気になっています。

(飼い主に似て細いけれど、弱々しくて大丈夫かしら...)




IMG_6355.JPG



甲斐甲斐しく立ち働いているアルバイト嬢のお陰で、ちんまり座っていると、

ご近所の奥様が、「ちらし寿司」を差し入れて下さる。

(毎度のことながら、85歳のお味に感謝...)




IMG_6469.JPG



アルバイト嬢作のとんかつで、

ちらし寿司&とんかつの、平和な昼食。

(お豆腐となめこのお味噌汁が、ホッと致します...)




IMG_6414.JPG




IMG_6561.JPG



明日からは、

自分でご飯を作りたいと思いますし、それだけの体力が湧いています。


夕方、風邪の芯のようなものが、どこかに抜けていったように感じます。

風邪って、不思議。

風邪をひいた瞬間、ちゃんとわかるし、

去って行った時も、ちゃんとわかるのね。


風邪は、ただ、人の身体を通過して行くものなのね。


そこへいくと、

癌や腫瘍は、ややこしいですなぁ...。

出入り自由な上、健康な身体を乗っ取ろうとしますからね。



でも、

ややこしい菌は、熱に弱いらしいですから、

風邪で発熱したら、「しめたもの!」っていう訳。



今回の風邪は、熱が盛大に出て、幾日も戦いました。

咳をしすぎて、肺が鳴くほどでした。

関節が痛み、寝返りが打てないほどでした。

テイッシュペーパーの箱を、10個、

咳によるお喉の痛み取りに、蜂蜜を1キロ、

蒸しタオルを、それはたくさん使いました。


だけど、もう過去のことです。


不要な菌をやっつけたせいか、

とてもすっきりした仕上がりです!


あ、

内田光子さんのことを書くつもりが、

風邪の話に終始してしまいました!

http://www.sankei.com/entertainments/news/151020/ent1510200009-n1.html




お休みなさいませ。



(終)






最新コラム

このページのTOPへ