他所のお宅の台所で、河野太郎の入閣を考える

寒い日のおやつにと、他所様のお宅でホットプリンを拵えることに...。

まずは、

カラメルを作ります。

たくさん所持されていらっしゃるお鍋の中から、古い雪平鍋を選び、ズンズン作ります。



IMG_5842.JPG




IMG_5846.JPG




IMG_5851.JPG



カルピスバターを塗ったカップにプリン液を注ぎ、

弱火でコトコト蒸し上げたら完成。


熱々は、

バニラとブランディーの香りが立って、大人のプリンになります。

(こちら、冬の大好物!!)

でも、

今回は、バニラがなかったので、ほどほどのお味となりにけり。



さて、

今回の組閣に河野太郎の名前があったこと、

これがどうにも腑に落ちず、

罪深き太郎の父、「河野洋平」の動きを重ねて見るにつけ、

ますます、

河野太郎の言動や行動(韓国人秘書を置いている等々)が気になります...。


そして、

この人は閣内に入りたかったのね...と、すぐにわかるような態度を知るにつけ、

(入閣したからには、政府の意見に従うという言、反原発のブログを削除した件)

http://www.sankei.com/premium/news/151007/prm1510070010-n1.html


「国家公安委員長」という、お飾り的な仕事と引き替えに、

常時、公安に見張られるという側面も引き受けているのですから、

当面、売国的なことはできないかなぁ...。


いやいや、

小渕優子&松島みどり議員の二の舞になるやもしれないし...等と、

http://www.sankei.com/politics/news/151010/plt1510100022-n1.html


はたまた、

二階俊樹議員と同様に、「獅子身中の虫かご」に招かれただけなのかも...。



テレビも新聞も嘘ばかり言っていて、肝心なことを国民に伝えていませんけど、

内部侵略の甚だしき状態は、地方から始まり、ひたひたと全土に拡がっています。


中国が、韓国が、あまりにもあまりなので、

政治を真剣に考える身体になってしまったのね。



心は正直であるし、身体は正直。


どちらも大切なもの。



(終)





最新コラム

このページのTOPへ