明るい方へ持って行くには...

準備中


書きたい衝動、山々なれど、

時間足りずに、続きは後で...!


てなこと言っていたら、動き回り過ぎて「夏バテ」してしまいました。

(初老の身の上ゆえ、お調子に乗ってはいけない...と、只今、自重&自嘲中)



IMG_5260.JPG



久し振りに入力してみると、

パソコンも夏バテしているようで、こちらも不調。

(少し様子を見て、メンテナンスをお願いするしかなさそう...)


ま、ダメな時期はダメなので、

体力が満ちていないことも含め、受け止めております。


が、

食欲がなかったことが一番の不安でした。


でも、

昨日からいつもの食欲がやって来て、本日はバッチリこん。

昼食はお外でしたけど、カツ丼をモリモリ。

一応、女なので、オーダーの時に、「カツ丼をお願いします!」

って言うのが、恥ずかしかったですなぁ...。


カツ丼...の三文字が喉から出るまでの間、

身体が、肩が、両足が、シンコペーションしてしまうのですね。

大袈裟でなく、そんな感じなのです。


ところが、

一度、言ってしまうと、スッキリ。

頭の中は、ホッカホカ、サックサクの「カツ丼」が駆け巡ります。



さて、

日記のタイトルを書いたまま放置し、一週間も経ってしまうと、

この時の切ない気持が薄れるかと思いきや、

8月30日の今も、変わりなく、

美しかった日本、美しかった日本人の心、日本の将来...、

「安保法案」は通さなくっちゃ...、

そんなことばかり思っています。



戦争のない平和な国に見えるものの、

「内部侵略」の甚だしさに気付くに連れ、

「あなたたち、失礼ね!」

「人の国に入り込んで、厚かましいわねぇ...!」

という、悔しさでいっぱいです。


大体が悔しがりでないので、

生涯初!悔しさ指数・MAX...!と、なっているのでございます。


そして、

怒りと憂いは増すばかりであり、我が身の行動力のなさに嘆息...。

本心を申せば、

昨日あった、

保守のグループ、「まもにち」のデモに参加したかったのね。




平和ぼけと言われるほど、暢気に生きて来られたのは、

ご先祖様のお陰であり、

一番のお陰は、

日の丸を背負って戦って下さった、「英霊」のお陰なのです。


英霊のお陰で、今日があります。

英霊が頑張って下さったお陰で、

「日本」という国は残ることが出来、「日本語」を話すことが出来ています。



チベットやウィグルのことを思うと、

中国の滅茶苦茶振りに腹が立ち、

中国のご機嫌取りに終始してるマスコミにも、うんざり。



この上は、

日本の近現代史をきちんと子供達に教え、

私たちも学んでいませんでしたから、学び、

日本人としての誇りを取り戻すことが、先決のように感じます。


国内が明るい気持になるには、

先ず、

本当のことを知ってからだと思います!


※以下、

中山恭子議員、水間政憲氏、すぎやまこういち氏の鼎談。

水間氏の勇気、慧眼、緻密な資料作り、

その、どれもが素晴らしい。

https://www.youtube.com/watch?v=P08BE6Pru9M



知ってしまうと、

元には戻れません。

良い意味で団結し、

明るい方へ持っていくしかないのです。


ボヤホヤしていると、大変なことになっちゃうのよ。



(終)





最新コラム

このページのTOPへ