安倍談話・全文

安保法案では、野党のえげつない反日運動が繰り返され、

党内では、密かに安倍おろしが始まっている中、

本日の安倍談話は、スマートで品格があり、冷静だった。

※以下、

25分ほどの全動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=adpQU1H3xEA&feature=youtu.be


ねっ! 日本人ならではの温かさ、優しさも感じられ、

中韓に対しては、

鈍感な人には解らぬ「シニカルな地雷」が隠されています。


総体的には、過去、現在、未来...と、上手にまとめられていて、ホッと、ひと安心。



IMG_5021.JPG



特亜に関しては、

ズバっと指摘するのもよいけれど、

あまりにあからさまであると、大人気ない上に、下品になるやも知れず、


「今日のところは、この位いで許してあげる...!」

と、ギリギリまで詰めぬのが、本来の未来志向と言えるのかも...。


二度、聞き直してみたけれど、

文書版も読み込んでみたけれど、

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/discource/20150814danwa.html


随所に、シニカルさが隠されていて、深読みせずとも納得してしまうのでした。


決して、抜くことはないものの、

手入れの行き届いた「日本刀」を隠し持っている...というような、キレもあります。


地球儀外交で語り合った各国の首脳は、皆、拍手を送って下さっているでしょう。



多分、

安倍首相は、

今日の日のことを、幾年も前から熟慮されていたのではないかと思います。


一週間前に、

公明党から、「歴代談話の継承が伝わるように...」と、念押しされているものの、

(この時の安倍首相の心中、お察し致します...)

難なく躱しています。



歴代談話(特に村山談話・河野談話)に苦しめられているからこそ、

安倍談話によって、

歴史の捏造色を消し、負の連鎖を断ち切ろうとされたように思います。



また、

4点セットの、侵略、植民地支配、反省、謝罪というワード連も、

実に、上手に取り入れていて、色々な解釈を想定させてくれます。




さて、

興奮の夜は長く、

3日間、見続けているロンドンブーツ・田村淳氏のスカッとするトーク動画を見て、

心を鎮めることに...。

彼の話しっぷり(内容)は、

男はこうでなくちゃ...ね!って思えるし、賢くて、本当にスカッとしますぜ!

(政治的に正しい発言もGOOD!オバサン、ファンになりましたよ)

https://www.youtube.com/watch?v=foLG8vaI3aI



カツヤマサヒコSHOWは、辻元清美なんて呼んではあきまへん!

人選第一でいきなはれ!




(終)





最新コラム

このページのTOPへ