地下鉄を乗り越したせいで...

あーん!

毎日毎日、時間が足りませーん!


書きたいことが、

たくさんたくさん...あるというのに、

目下、時間に追われ、書くことが叶いません。

でも、

あまり間を置いてしまうと、その時の情熱が薄れてしまうでしょ、


だから、

明日は、午後の勉強タイムを 「パソコン(入力)タイム」に切り替え、

3日分の「準備中」を何とかしたり、

ユトリロのことを書いたりしてね、

心の中の自分と向き合いたいなぁ。

こういう時間こそ、オバサンが瑞々しくいられる秘訣のように思います。


ってことは、

只今、若干、乾燥気味。

私、お昼に、「天丼」をいただいたんですけどね、

(追加で、大きな蓮根&稚鮎も...)

きっと、

心の中のオイルが足りないのね。

ま、そんな感じでございます...。



IMG_3138.JPG



IMG_3111.JPG



と、いうわけで、

少し、日にちを置いて、後半を書いております。


この日は、

地下鉄の「九段下」で降車するところを、

妄想が始まってしまったせいで、

「竹橋」 まで乗り越してしまいました。

(乗り越しちゃうことが、よくあるんです...)


ひと駅通過で気付いて、よかった!

と、

慌てて降車し、ホームを歩いていると、

あのユトリロのママの絵が、ドーンと 見えるではありませんか!


そして、左右には、ユトリロの白い絵が!


成熟したお尻に出会い、


大好きなユトリロにも会えたのですから、


会期中の「東郷青児記念館」には、行かねばなりません!


新宿は池袋に次いで苦手な場所だけど、

(小田急ハルクのところからトコトコ歩きましょう)



第一、

ユトリロ親子の絵が、40点ずつ飾られるなんて、

なんと、素晴らしい企画展!


ユトリロは日本でも人気の画家ですが、

ゴッホの生き様があまりにも強烈過ぎて、

ユトリロの強烈さを知る人は少ないと思うのですが、

なかなかのものです。


また、

絵を見ると、

生年月日の陰陽五行的構成が大体解るのも、

研究者の私にとっては、面白いことのひとつ。




曇りの日が多く、

白いワンピースを着るには未だ早い気候の中、

当然、

お素麺の初登場も遅れており、


気持の上では、冷たいお素麺なれど、

身体の方が、まだまだ温麺を欲しているのです。


着たり脱いだり...も、忙しく、

ちょっと冷えると、おぉ、ブルブル。


すぐに温かい飲み物で温まっていますが、

「梅雨寒」 もあるので、

ストールが離せません。


動き回ると暑くてなりませんが、

朝晩、ひんやりとした日が続いています...。



そんな東京ですが、

紫陽花が、あちこちに美しい花を咲かせています。


これから、

ほおずき市、朝顔市とつづき、

上野公園では見事な蓮が、早朝、パカッと花を咲かせてくれます。



今年は、「蓮の花」を、しっかり見たいと思うのです。


お釈迦様が現れて来そうな、霊的なものを感じる蓮の花、


齢を重ねるに連れ、

花の好みも変わっていくようです。



(終)






最新コラム

このページのTOPへ