食欲なし

キャベツの残りで、スタッフ・ド・キャベツを作る。

まず真ん中をくり抜いて、

合い挽き、玉葱、卵、お米を十分に練って詰めます。



IMG_8432.JPG


IMG_8439.JPG


種ができたら、

キャベツを更にくり抜いて、たっぷり詰めます。



IMG_8446.JPG



↑ こちらは、キャベツがぴったり入る大きさのお鍋に入れ、

ロールキャベツの要領で、落とし蓋、被せ蓋をしてコトコト煮込みます。


今回は、お客様への「ご馳走便」のひと品。

出来上がりが冷めたら、佃煮、味噌漬けと一緒に、ヤマト便に揺られて旅に出ます。



さて、

本日の昼食、

食欲がなく、半田麺のにゅうめん、奈良漬け。

椎茸、玄米餅を仕込んだお揚げ、春菊、牛肉で栄養をプラス。




IMG_8416.JPG



夜は目が冴えてしまい、

仕事でもないのに、二晩の徹夜。


二時間ほど、

ソファーでお昼寝したものの、今夜も眠れそうにありません。


是って、身体に悪いわね。


アルバイト嬢も体調が今ひとつなので、心配...。


お客様からのお電話も、

皆様、精神的に辛い時期というのが感じられて、

私、イタコっぽくなっているのかしらん。



でも、

80歳を過ぎて、お仕事現役のママ(←愛称)とのお電話は、

お会いしてからの歳月が20年ほどにもなるせいで、

それは、暖かく、

本音の本音が心に沁みます...。


今はね、精神的に、もちもち もちもちする時期なのね。

来月になって、一週間もすれば、ヤッホーよ。


パパにね、

一度くらいは、

一緒にやってこられて良かった...。

女として、幸せだった...って、おっしゃってね。


せんせ、言ってみるわ。


じゃ、

後で、良い日をメールしますね。




IMG_8231.JPG



私は、

何も言わずに死んでいくのって、素敵じゃないと思っています。


イヤな事は言う必要がないので、大川にでも流せばよいのだけど、

純情は、きっちり伝えておいてほしい...と、思うの。


果たして、

武闘派のママが、本音を言えるかどうかはわかりませんが、

 

今回は期待しています。



お話するウチに、

輝いていかれる様を見せていただく度に思うのです。

納得されることで、

お声がどんどん綺麗になっていかれますし、

お会いしていたならば、お肌やお目がキラキラしていかれます。


女性は太陽ですね。



おっかない女は、太陽にはなれません。


こちら様は、入道雲ね。



(終)





最新コラム

このページのTOPへ