意識改革

牛テールのお味見に、

午後のひととき、杉並のお姉様をお誘い。




IMG_6694.JPG


IMG_6698.JPG


IMG_6719.JPG


IMG_6747.JPG


IMG_6703.JPG


IMG_6715.JPG



IMG_6742.JPG


IMG_6739.JPG


誠にすみません!

カルピスバターが見つからないので騒いでいたら、

わざわざ見つけて下さり、お持ち戴いてしまいました!

小食なお姉様ゆえ、

自慢のテール中心の手間なし昼食でしたが、

教えて戴いた「胡桃餅」を、私だけいただきました。

国産の胡桃をたくさん擂って下さったのです。

(何から何までありがとうございます...)



夜、

仕事仕舞いの後で、携帯メールを整理していると、

お姉様宅のお節の風景があって、ほんわか気分に...。

4人家族の、幸せなご様子をお聞かせ戴くのが楽しみになっている私。

ひとりは寂しいものですけど、岩田家の親戚の一員という立ち位置におります。




IMG_6760.JPG



深夜、

ちょっとだけネットでニュースを見ると、

日本人がテロに拘束されたのではないかという...。

拘束されている人は、

週間文春でも何度か取材されていた、宦官の男性だったから、

アッ、あの人!と、思う。



中東を訪問していた安倍首相は、予定変更で帰国の途に...。

緊張感漂うエレサレムの街を歩く物々しい様子には、緊迫感が漂っている。

平和ボケしているのは、日本人だけのような気がしてくるが、

学校教育と報道のお陰で、

平和ボケにさせられてしまったのです。




IMG_6750.JPG



小笠原に200隻も中国の船がやって来て珊瑚を盗んでいるのに、

太田国交大臣はとぼけているし、

選挙でお世話になる公明党を気遣い、

政府は遺憾砲という言葉を発するだけ。


小笠原のことも、尖閣に毎日来ている中国船のことも、

TVや新聞は報じない。

200隻もやって来たら、相当、恐いこと。


漁民の方たちの無念を思うと、涙がこぼれます。



たとえば、

北朝鮮に、東京めがけてテポドンを打たれたり、

在日中国人100万人が、

あの長野オリンピックの時のように、

本国の命令に沿って、暴動を起こしたり、


いっそ、

習近平が軍を使って攻撃でもしてこなければ、

今の状態では、

平和ボケから覚醒できぬまま、日本は浸食され続けるでしょう。


国民が現実に気付き、

ちゃんとしないことには、

(まともな政治家が少数なのですから...)

どうにもできない状況に陥っているのです。



何も知らされない国民は、

現実にきづかないまま、富を掠められているのです。

私たちの税金は、外国に流れていくばかりなのです。


それで、

消費税増税など、とんでもないのです。

その前に、

財務省を一度解体するなど、やることはたくさんあります。



それに、

新聞やTVニュースを、

他国では、日本人のように信じ込んでいないし、

他国の人々がデモを起こすのには、訳があるし、


日本人がボンヤリしているのにも訳があります。



お任せ民主主義だったことを反省する私は、

更なる「意識改革」を心に誓います。



ここでいう 「意識改革」とは、

報道を信じず、自分の頭で考える癖をつけるということ。


冷静に、


日本の子供たち、青年たちのことを考えて、


幸多い日本を取り戻せるように、


ただ、このことを、冷静に意識して生きます。



(終)





最新コラム

このページのTOPへ