やり過ぎの結果...

何事も、やり過ぎると、ロクなことがない。

13日放映のNHKの番組、

「クローズアップ現代」 における、反日プロパガンダが批判を浴びている。

今までもひどいので、散々、批判されていたものの、

今回は、並外れてひどいものだから、怒りのツィートが賑わっているのです。


因みに、西村幸祐氏、渡邉哲也氏、

ご両人のツィートをご紹介させていただきます。

ぜひ、14日のツィートから ご参考に...。


★西村幸祐氏

https://twitter.com/kohyu1952

★渡邉哲也氏

https://twitter.com/daitojimari



IMG_5815.JPG



巨大な「舞茸」 は、山形の地物。

本日の昼食に登場させました!

他に、庄内の「浅葱」で、酢味噌和え、

太刀魚の塩焼き&和風ムニエル(アルバイト嬢と半分こずつ)、

冷や奴、天ぷら二種(檸檬お塩で)、

舞茸の炊き込みご飯(お代わり)、菜の花のお味噌汁、筋子、

自家製佃煮、焼き海苔、市田柿2個、



IMG_6048.JPG


IMG_5927.JPG


IMG_5901.JPG


IMG_6033.JPG


IMG_6062.JPG


IMG_6071.JPG



さて、

やり過ぎの続きですが、

私は、フェイスブックもツィートもしませんが、

ある程度のニュースは知っていたいので、

意見の合う方や尊敬する方のツィートを、パソコンから受けさせて戴いております。


受けさせて戴く一方なので、

10人ほどの皆様に、お届け物のひとつもしなくてはならぬ 身の上です。


にもかかわらず、

本サイトの上部に、

わざわざ、「私はフェィスブックも、ツィートも致しません...」 と掲げております。



こんなものを 掲げるきっかけとなったのは、

メイカさんの動画を拝見したことが、発端。

確か、

メイカさんのお名前も出させて戴いたように記憶していますが、

中国の川に、死んだ豚が二万頭も流されてしまった云々の記事を引用させて戴き、

以前、書いたのです。


すると、

一週間も経たないうちに、

私のフェィスブックに対し、

「いいね」の文字が、グーグル上に踊っているという知らせが入りました。


とはいえ、当時も今も、

私はフェィスブックもツィッートにも、参加していないのです。



不思議なことですが、

お客様に教えられて、ググッてみると、教えて戴いた通り、そうなっていました。


でも、

どなた様が、「いいね」 と、押して下さったのかしら...?

と、いぶかしがっていたところ、


よく見ると、

中国共産党 と書かれた文字の顔写真が、20人ほど並んでいたのです。


へぇー。


友人達も、お客さまも、皆、心配して下さったので、


上記を掲げることにしたのです。



すると、

すぐに、「いいね」 の三文字は、どこかに消えていきました。


是、実話でございます。




さてさて、

やり過ぎの 続きの続きですが、

NHKがあまりにも反日放送に傾いているので、

(放送法を無視するどころではなく、反日プロパガンダ...)

安倍首相は、

経営委員に、保守派の二人、長谷川三千子氏、百田尚樹氏を参入され、


会長にの、かの 籾井勝人氏を抜擢されています。


そして、

★本日、現在のNHK放送とは別に、

新しい形の【国営放送】 を創設することけを検討...と、発表されました。


正しい報道のためにも、なし崩しにさせず、必ず、やりきってほしいもの。

(きっと、公明党は反対するだろうなぁ...)



経営委員、会長を変えて以来、時間こそかかりましたが、

いよいよ、NHKに向けての「改革」 がスタートしたように思います。



「NHK問題」 と、いわれるほどの偏向放送、

ヤクザまがいの受信料契約の仕方などから、

既に、「NHK解体運動」 が起きているほどですもの、


腹を立てている方々の「溜飲を下げるニュース」 だと思います。



私はテレビを捨てています。

でも、見ないからといって、

国を貶める番組やニュースを流してほしくありません。



NHKの様子を見る限り、

国営放送であり、

国民から受信料を頂戴しているという本質を、忘れていますね。


捏造から「訴訟問題」 になった番組もあります。

(確か、昨年、NHKは 裁判に敗訴していました...)



なぜ、

NHKがこんなことになったのかは、

最早、多くの人々が知る時代になっていますから、


いい加減なことが通用しない【気運】が訪れているのですね。


「気」 のつく言葉は、本当に意味のあるものなのです。


気概、やる気、元気...、その他、たくさんありますが、


今、私たちに必要な「気」 の言葉は、気概と、やる気、元気だと思うの。



自民党の移民問題では、

資質を疑われた安倍首相ですが、一敗、一勝で、敗者復活戦へ!


ー運は自分で運ぶものー

安倍首相には、健康で頑張っていただかなくてはなりません。



今宵、

安倍首相のGJ !に拍手を送ります!


http://hosyusokuhou.jp/archives/42305256.html




でも、

移民問題でおかしな方向に舵を切ったりしたら、国民は黙っていませんよ。




下村文化大臣は、

留学生の枠を30万人に増やしています。


30人の間違いと違う?


こういうのって、テレビでは報道しませんからねぇ、それも問題。



下村大臣は、苦学生から議員になられた方だった筈、

とうとう、心をなくしてしまったのかしら...。


政府が、渡航費から何から何まで面倒を見る留学生ですから、

納税者と、

日本の大学生の気持を蹂躙しています。


今でも、中韓の留学生の衣食住は丸抱えでしょ、

莫大な援助の反面、留学生の多くは反日なのですよね。


日本の苦学生には、一切、援助しないのですよね。


奨学金制度があるので、

制度を利用した学生さんは、後々、それを返していく訳ですが、


留学生は、援助されたままで、援助額を返す必要がないのです。


こういう国って、

世界のどこを見回しても、ないと思うの。



青少年は、国の【宝】なのに、

自分の国の未来を背負う学生を大切にできないなんて、

もう、狂っているとしか言いようがありません。


デフレが20年も続いたのですから、

苦しいご家庭の学生さんもいらっしゃるのに、

自国の学生さんの教育を顧みない大臣など、信じられません。



しつこいようですが、

国民の税金で留学生を入れ、

彼等を永住させ、

子供が生まれた後の果てが、想像できないのでしょうか...?


この前の、

パリの銃撃事件を どう感じているのかしら...?



長野オリンピックの時に、

何があったかということ、

あの時のことを、下村大臣は覚えていないのかしら?


あの時、男として、悔しくなかったのかしら?



京都では、

大学卒業後、

永住できる仕組みを作ろうとしていますし、

汚染がひどく、呆れてものが言えません。


どれもこれも、形を変えた移民の受け容れにしか思えません。




政権基盤の弱い安倍首相は、

こういう流れにあらがえないのでしょうか?


それとも、納得済みなのでしょうか?


本心はどうなのですか...?



自民党は、

またぞろ、おおっぴらに腐敗が始まっています。


谷垣幹事長は、

安全保障について、

周辺国に配慮が要る...などと言い出す始末ですし、


領海を侵され、漁場を荒らされ、珊瑚を根こそぎ盗まれている国の政治家が

表すべき態度ではありませんもの、情けない幹事長としか言いようがありません。


第一、

配慮ばかりしてきたツケが、今のザマではございませんか?


(ワタクシ、今宵はデヴィ夫人の攻撃パワーが乗り移っているようです...)




最後に一発!

あの宮島茂樹さんの記事で、現実がわかる場面を...。

カメラマンらしく、情景の見える文章に、膝を打つ方も多いでしょう。


http://www.sankei.com/column/news/150115/clm1501150004-n1.html




政治には怒りの多い昨今、


日本を取り戻すために、


気概、やる気、元気の他に、

もうひとつ、

「執念」 という言葉を、追加せねばなりません。


執念の二文字は、自分に足りないものの筆頭。



苦手だとしても、

執念を 、ひとつ位いは持たないと、何もかも儚くなってしまうなぁ...。



この気持、

忘れないようにしよう。



(終)





最新コラム

このページのTOPへ