三つ子の魂...

お正月気分が落ち着き、

胃もたれも落ち着いた夜、素敵なニュースを知る。

それは、

大坂にある「塚本幼稚園幼児教育学園」の教育方法です。



IMG_5723.JPG

IMG_5644.JPG



こんな幼稚園があったなんて、本当に嬉しく思います。

キャプションにあるように、正に、「愛国幼稚園」 という教育が眩しい。

詳しくは、下記の記事をご覧下さいませ。

http://www.sankei.com/west/news/150108/wst1501080001-n1.html



IMG_5510.JPG

IMG_5513.JPG

IMG_5516.JPG

IMG_5518.JPG




教育勅語を基本に、

身体を鍛えるための、剣道・スイミング・ラグビー、

情操のための、将棋、算盤、論語、書道、鼓笛隊、大正琴、日本太鼓、

と、心身共に鍛えられるカリキュラムになっているのが 羨ましい...。


また、卒業後に、せっかく身につけたことが台無しにならぬように...と、

小学校の設営が計画されているのですね。


手間暇が掛かり、しかも、将来的にも素晴らしい教育内容だけに、

叶うことなら、ワタクシも入園したいものでございます。


こちらでの教育は、

大人になって、「身につけておいたらよかった...」 と、思えることばかりです。



学んでも、怠けても、一年は一年。

瞬く間に、一年は過ぎますが、

幼少期の教育は、子供の将来のためであり、強いては家族や国のため...。


子供の成長に従い、大人も背筋が伸びる教育は、

日本の中で暮らす日本人であれば、日本式がよいと思うのです...。


この日本式は、外国に出た場合も、自由に活用できるものと思います。

(自国の文化を知らん振りな人は、真の国際人とはいえないでしょ...)



まずは、

型を覚えることからでしょう。


型もできていない人に、型破りな活躍はできません。

(この場合は、形なし...)



教育現場が どうしようもない!

そんなニュースばかりを聞いておりましたから、

本日は嬉しいことです。

「塚本幼稚園方式」 が全国に伝わっていくよう、心から願ってやみません。




(終)





最新コラム

このページのTOPへ