モティーフ

仕事場にある「お風呂敷」の全てを、年内にお洗濯することに...。

(アルバイト嬢が 半分以上 手伝ってくれて、大助かりでした)

一番大きなサイズの「唐草模様」は、

お布団を包む為のものだったから、もう、何十年も使っていません。


思いつきで、裏側のパイプに吊り下げてみると、あら、面白い!

一日中下げていたら、きっと、飽きてしまうけど、

あの草間弥生氏がこれを見たら、どう思われるかしら?

唐草はね、点描のように細かく描いた方が面白いのよ...なんて。 ← 妄想です。

(下保昭氏(額)の邪魔になっていないところ辺りは、日本のモティーフだから...?)



IMG_4404.JPG


日本の意匠として、唐草模様は色々に使われていますが、

日本人は唐草が好きなのだと思う...。

唐花唐草、梅花唐草、菊唐草、瓢箪唐草...等々、あしらうもので表情が変わります。

(ちょっと見回しただけで、何十個もの唐草模様が見つかるから、かなり重症らしい)

まずは、名刺入れにしている金襴手から...!



IMG_4993.JPG

IMG_4996.JPG

IMG_4970.JPG

IMG_4975.JPG

IMG_5011.JPG

IMG_5026.JPG

IMG_2502.JPG



袋帯、紬地に刺繍の帯、塩瀬の染め帯(本金・本プ・ラチナ・刺繍)、

ふと、思い返せば、自分の作品にも、唐草はよく登場させています。


慌ただしい年末ですが、

唐草模様に触れているだけで、ほんのりと癒やされる...のを感じます。


ほんのり...している場合ではないのですが、

時間に追われている時ほど、「あまのじゃく」 がしたくなるのですねー。


(締め切りに追われている時の、靴磨きなんて、大好物...)



さて、

今年も、あと三日でお終いね。


やり残し最多記録の一年でした...。


だから、


まだ、死ねないわよ、と、自分に言い聞かせておりますんです。



(終)




最新コラム

このページのTOPへ