クリスマスイヴ

東京のイブは暖かい。

(恋人同士の場合は、もう少し寒い方が気分が出るのになぁ...)


さて、

いつものツリーの後ろに、

今年は、バカラの下請け工房作という、アンティークのデキャンタを置いている。

(京都のG・グレースさんで工房の名前を書いたメモを戴いたけど、見つからない...)

見つからなくても いいの。

大体において、誰が作った物であるとか、大作家だとか、そういうことは気にしない。

人のつくったものは、どれも作り手の「心持ち」 が表れてしまうので、

清らかさと美しさがあれば、よいのです。

それに、「使い勝手」がよければ、尚よし。


デキャンタには、いつも「百年の孤独」と、古めのブランディーを入れているので、

こちらはペリエの空瓶に移動し、クリスマスが終わるまでね...と、待って貰っています。



IMG_4397.JPG


今朝、お掃除の後で、古い「酒杯」を置いてみると、

何だかとっても素敵...。 やっぱり、日本のものは、素晴らしいと思います。

大好きなもののひとつですが、30年近く側にいるのに、少しも飽きません。

面白いことを言ってはくれませんけど、そこに居るだけで、いいの。

(好きな男はんですね...)


IMG_4409.JPG



本日の昼食、

アルバイト嬢が 行列に並んでゲットしてくれたベーグル(雑穀)。

(一週間ほど前に、仕事場の近くにOPEN!したお店のです)

厚みを半分にし、バターを載せて焼いた後、

美味しいロースハム&レッドオニオン、チーズを挟みました。

NY仕込みのお味というけれど、もの凄いボリュームです。


アメリカ人が太るのは当たり前...と、思いつつ、

1個とは思えぬボリュームに圧倒され、

オイスターチャウダーに辿りつけませんでした。

食後、デコポン1個、アメリカンコーヒー。



IMG_4448.JPG

IMG_4468.JPG



そういえば、

またまた おかしなプロパガンダ映画が上映されるらしく、気分がどんより...。

(でっち上げどころか、まったく、気持の悪い映画です)


井沢満氏のブログを拝見し、少しは慰められていますが、政府も外務省も情けない!

日本を毀損する映画の上映を放置している鈍感さ、この感覚がイヤです。

コメント欄の皆様も真剣。

http://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/6f5b76e82895bd086a27a8ae92b8ebbb?fm=entry_awpこ


井沢満氏のブログに関連する記事。ご参考までに、コメント欄を...。

日本人になりすまされて「反日」されることへの怒りには共感できますが、

ちょっと言葉が乱暴な方に関しては、井沢氏調でお願いしたいもの。

☆313 の青字コメントが本当だとすると、お人好しにも覚悟が...必要。

http://hosyusokuhou.jp/archives/41945557.html




(終)




最新コラム

このページのTOPへ