水は冷たく、人情の温かい冬日

おやつに、

「美味しいお善哉 と ロースハムのどちらがいい...?」と、聞かれれば、

「両方!」 と、何のためらいもなく言えるものの、美味しいロースハムの方が好き。

富有柿と苺では、断然、富有柿です!



IMG_3325.JPG

IMG_3218.JPG

IMG_3356.JPG

IMG_3338.JPG

IMG_3396.JPG



「お食事のご用意が大変になった時にアルバイトさんと...」

というお手紙と共に、お頂戴したパスタソースで、

近頃、ペンネの美味しさに目覚めております...。


いただいた後、

美しい筆跡と、雪の結晶が書かれた便箋を手に取り、

日本人の美意識を改めて噛み締めています...。


日本女性なら、

素敵な便箋&封筒、絵はがき等を目にすると、心が高揚しますね。


そんなことを話し合っている私たちですが、

アルバイト嬢も私も、腱鞘炎のせいで文字がぐちゃぐちゃな日があります。


日本人は「書」のお稽古をするべきだと、

この歳になって、ひしひしと思うのです。


書には連綿たる歴史があり、心を養うのには打って付けでしょう。

書く人も、それを受ける人も、

宇宙のエナジーを感じる何かが、書にはありますね。


陰陽五行的には、

書き終えた書に、落款などの朱印を押すことで完成。

バランスが整い、目の前の書は宇宙に繋がるのです。



さて、

本日の昼食はペンネ、野菜サラダ、スープ仕立てのお味噌汁(昨夜の残りのアレンジ)

食後に林檎1/2個。



今朝、

行きつけのクリニックで「下町の人情」を見ることができ、

その後は、3時間ほど幸せな気分でした。

温かな心のふれ合いは、

他のどんなものにも代替えがききません。


待合室で、

ワンピースのお腹の辺りを見ると、食べこぼしがありました。

鯛焼きを、店先で頬張った日の「あんこ」だと気づき、ちょっと可笑しい。




IMG_3673.JPG



過日、

雨上がりの夕方、

珍しく誰もいない鯛焼き屋さんに入ると、

「今日はこのまま引いてしまうと困るんです。少し、中に居て貰えませんか...?」


と、頼まれた私は、

「美味しいわねぇ...」なんて言って、店先で鯛焼きを頬張りつつの、パンダ役。

少し経つと、仕事帰りの人々が、わらわらと鯛焼き屋さんに入って来ました...!


じゃ!と、お店の若い衆に目顔を向けると、

お寿司屋さんのような威勢の良さで、「ありがとうございます!」の声。


「あの時のあんこね...」って思っただけで、

ワンピースは、「甘酒横丁」の味がします。



冷え込む冬、

夕方の鯛焼きは、ノスタルジックなご馳走...。




(終)

★衆院選(12/14)開票時の不正現場の動画です。

あれよあれよ...と、不正がわかる動画に、怒髪天!!

必見!! 「BBの覚醒記録☆政治を...」12月16日の記事。

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001


最新コラム

このページのTOPへ