「お察し...」という日本人の知性

今秋、三度ほど拵えた「栗の渋皮煮」だったけれど、

こちらが最後のひと粒です。

(お名残惜しいからこそ、坪庭の紅葉でお洒落させてあげました....)



IMG_2992.JPG



近頃、

安倍首相を応援されているのですか...?と、よくお尋ね戴くので、

お答え致します。


日本の政治は、内情が内情なので(反対勢力の方が多い)、

日本を取り戻すための「策」をどんどん打っていく事は難しいものの、

安倍首相は、出来るところからきちんと手をつけていると思います。

(マスコミは安倍降ろしに懸命すぎて、本当の功績を報道しません...)


また、

運の良さも、

運の強さも、幾多のネットニュースから感じることが出来ますが、


実際、生年月日を陰陽五行で分析すると、まったくその通りなのです。

とてもエネルギーの強い方です。

宰相に、運勢の弱い人は向きません。

何よりも運の弱い方は、病弱でなくとも、体力がありませんからね。


そして、強いだけではいけません。自分本位になりすぎますからね。


安倍首相のよい点は、運が強い上に、運がよいのです。


運が強いだけでは、

自分本位すぎて優しさがないので、アップダウンが激しくなります...。


運のよい人というのは、人に対しての面倒見がよいのです。

面倒見がよいので、

時には、人を助け、人に助けられているのですね。

(地球儀外交を見るだけでも、この辺りの感覚がよくわかります...)


それに、

運のよい人は、何かがあっても、ぺったんこにはならないのです。

(持ちつ持たれつ...の「空気感」が、人生に備わっているのです)

☆安倍首相は、まさに敗者復活の如く、再登板されましたよね...。



運が強く、運もよいのですから、

懸命な努力は、早々に報われる傾向にあるのです。


だから、

奥方が???であっても、

そこでバランスをとっているような部分もあります。


総体的にみて、

自民党は、次の人が育っていませんし、

自民党では、今のところ、安倍首相しかあり得ません。



IMG_3009.JPG



また、

今年、来年は、安倍首相に財のエネルギーが巡ってきているので、

もし、消費税を8%に上げなければ、

今年・来年の景気、経済は、相当期待出来たと思います。

(野党のみならず、財務省の罪は、本当に重いのです!)



★一国のリーダーとして国を動かす人は、

確固たる哲学を持たねば やっていけないと思いますが、

その哲学をもっているところが、安倍首相の素晴らしい美質です。

もうすこし欲しいのが知性ですが、

地位的に、知性はいくらでも集められます。集めればよいのです。


集まった英知の中から、宰相として選ぶ目を持てばよいのです...。

大丈夫、選ぶ眼力はお持ちです。


そういえば、

米国の遣日使としか思えぬタケナカ何とやらも、影が薄くなっているでしょ。



★以下、花田編集長と木下英治氏(作家)との対談ですが、

10分ほどの後半に、首相に再登板された気持が語られていて、

ここでの本心は、本当に泣かせます...。

自民党に、こんな議員がいるかしら...? ☆必見!!

http://www.genron.tv/ch/hanada/archives/live?id=138


★田母神俊雄氏が日本はよい国...といってクビになった後日、

有志が開いた退官のパーティ会場での、安倍首相の短いスピーチ。

口跡もよく、ユーモアとウィットに富む、★かなり「意味深」なご挨拶です。

(楽しくも、思わず拍手がしたくなりますよ)

https://www.youtube.com/watch?v=JcMsbEwXokk&feature=youtu.be


★田母神俊雄氏の「国会の参考人招致」の場での、大人のユーモア。

(この人が都知事だったとしたら、小笠原のサンゴは守れましたよね)

あまりにも面白過ぎます!議場は爆笑! 意地悪な質問者は撃沈!

https://www.youtube.com/watch?v=LNbCf9troCE



本日は、

三本の矢(短い動画)から、

安倍首相と田母神元航空幕僚長の「素晴らしい肝力」をお察し戴けるかと、

思うのでございます。


日本人の知性を持ってすれば、

おふたりが、「命がけの男...」であるかを、お察し戴けるでしょう。



(終)




最新コラム

このページのTOPへ