大晦日

細やかな仕事ぶりと穏やかな性質が素敵な、ヤマトさんの受付の女性。

いつも締め切り時間ギリギリのワタクシだから、いつもお世話になっているのです。


その彼女が昨日から「大風邪」を引いてしまい、目は潤み、肩で息をしているのです。

と、いう訳で、

カレー南蛮(お餅入り)とおかずを差し入れ、

その足で、お墓参り&神社へ向かいます...。



IMG_4839.JPG



アリバイ作りみたいで可笑しいけれど、地下鉄でお墓に...。

(後楽園駅下車)



IMG_4881.JPG



墓石がしっとりと水を含み、

花々に彩られた墓地を後にすると、

坂下の入り口付近で、隣地の柿の木に驚く...。

きっと、渋柿なのかしら?

そっくりそのまま、熟しすぎた果実が残されている。



IMG_4889.JPG



黄昏時なれど、

お決まりのコースとなった「北野神社」(牛弁天)に寄り道。

アルバイトさんがたくさん居て、「初詣の準備」の真っ最中でした。

どこもかしこも清められていて、ここが こんなに清々しいのは初めて!



IMG_4891.JPG

IMG_4898.JPG

IMG_4902.JPG

IMG_4737.JPG



本格的な夜になると、

流石に大晦日の雰囲気...。

師走はもうすぐお終いですが、

ありがたいFAX、メール、お電話に...、最後の最後まで励まされております。


励ましている側の方が、励まされているのですね。


文字から、声から、

お世話になった皆様方のお顔が浮かんできてしまう、

そんな、しみじみとする大晦日にあって、

1月に、癌の手術を控えていらっしゃる奥様のハリのあるお声に、

思えば、15年以上も励まされてきたのです。


私の場合、

頼りにされることが、励まされていることに繋がっています...。


弱いから、頼られてこそ、頑張れるのね。




IMG_5049.JPG



似た境遇の友人と合流する前に、

ここで、心から感謝を申し上げ、

平成26年の仕事仕舞いとさせていただきます。



この一年、

本当にありがとうございました...。




(終)





最新コラム

このページのTOPへ