温もり...

地下鉄丸ノ内線「後楽園駅」の裏手、中央大学付近。

お墓参りのコースを変え、

先日、美しかった「山茶花」の生け垣を眺めながら歩く。


人通りがない中、山茶花の濃いピンクは、何やら温かい。



IMG_2011.JPG



学生さんの姿がチラホラ...と、見えた瞬間、

人気(ひとけ)がもたらしてくれる 温もりを思う...。



IMG_2014.JPG



仕事場に戻り、

お差し入れの「苺」をお相伴させて戴くと、

「冬の苺」 の魅力が迫る...。

春の苺は愛らしいけど、冬の苺には「華」がある。

赤のもたらす心的効果は、恋のように 心にスィッと入り込む。


冬の店先に、「美味しげな苺」が置かれていると、

私は気にせずにいられない...。

好きな柿を押しのけ、

まだ残っていた巨峰を無視し、苺を見つめます。

そして、

鯛焼き屋さんへ到達せずに、苺を連れて帰るのです。



IMG_1666.JPG

IMG_1709.JPG



本日の昼食、

あり合わせの炒め物を乗せた、お醤油味のラーメン。

添付のおつゆは、半分しか使わないのが薄味好きの決め手。



IMG_2557.JPG



昨夜、

気になって高倉健氏の生年月日を分析しましたが、

陰陽五行の分析では、

やっぱり、いい男...!

江利チエミさんは幸せだったと思います。

天然が入っていて、ロマンティストで、惚れたおなごには尽くす人。

生涯、少年らしさが消えず、我が儘だけど 心があって実直、

モラリストな面もあり、ホルモン系でありながら草食系...。

わーい!

勉強家で、集客力もあります。


お顔立ち、芸風、インタビューから、生まれた時間も解明できましたからね、

10年ごとの変化も、私なりに納得でした。

勉強会では、

素敵な健さんの魅力を語り合い、更なるご冥福をお祈りしたいと思います...。


(突っ込んだ話になって、また、盛り上がっちゃうなぁ...)


合掌。



☆萬屋錦之介さんと高倉健さんとの間の、或る心の温もり。

http://www.iza.ne.jp/kiji/entertainments/news/141120/ent14112008030007-n1.html?obtp_src=www.iza.ne.jp




最新コラム

このページのTOPへ