勇気ある発信のお陰で、驚くも納得の真実

本日の昼食。

昨夜の枝豆、玉蜀黍と絹さやのバターソテー、

豚ロースの味噌漬け・生野菜添え、ご飯、お豆腐とお葱のお味噌汁。



IMG_0635.JPG

IMG_0306.JPG

IMG_0376.JPG



コーヒー、新高梨の食後、

アルバイト嬢と「東宮問題」を語り合う...。

崖っぷちの東宮について語るには、

何よりも、語り合いの中身が淋しすぎて悲しいけれど、

お昼休みに語り合ったのです...。



IMG_0652.JPG



週間新潮(10月23日号)の中の雅子妃は、

不摂生と自堕落がもたらしたかのような身体を呈し、

いよよ、取り返しのつかぬ佇まいを見せていらっゃいます...。


(首相夫人は、「あんこ椿の頃の都はるみ」を彷彿とされる不機嫌なお顔...)

海外メディアには、「食欲妃」 と書かれ、

今回は、「耳垢写真!」 と、騒がれ、

写真の通り、どうしようもなさを晒してしまわれました。ショックです。

(うぅ、迫力を増すお姿に、つい、雅子肥と書きたくなってしまいます...)




IMG_0970.JPG



こちらの日記は、10月16日に写真のみアップし、

諸般の事情で、4日遅れで書いておりますが、

妃殿下の「耳垢写真」は、

目下、国民の落胆と、大きな怒りを呼んでいます...。


また、

シャンプーから遠く離れた風情の、髪の汚れが見て取れ、

アップスタイルの造形の、無茶振り、

日本人離れした「着回し服(サイズ直し)」のセンス、

20分以上の遅刻、

立ち居振る舞い、


そのどれをとっても、

妃殿下と呼ぶには、あまりにもあまりな、「お姿」なのでございます。

(お立場がお立場ゆえ、本当にがっかりです)



新潮は、最早、覚悟を決め、今回の耳垢判明写真を掲載しましたが、

写真というものは、修正しない限り「だましがききません」もの...ね。



先々週号(10月16日号)では、

ノンフィクションライターの工藤美代子女史が、

小和田家の「出自」に触れる「覚悟」を決めていらっしゃいます。


噂で終わらせぬように...と、

真実の記事を書く勇気、心ばえに、多くの人々が拍手を送り、

女性誌の論調も一気に変わったようです。



皇室に無知だった私も、

勇気あるブログ主様方のお陰で、東宮のありように理解が深まりました。

テレビからのみ情報を得ていらっしゃる方々は、

耳垢写真どころか、

公務放棄の暮らしぶりに、お気づきでないでしょう...。



果たして、このままでよいのでしょうか。

皇室が心配でたまりません!

到底、このままでよいとは思えぬのですが、


新潮の記事、グラビアの覚悟を見て、変わりゆく何かを感じております。

まだまだ、

山が動いた...!という訳には参りませんが、

何事も、タイミング!

動き出す時には、大きな力が加わります...。



今宵、

本来の清らかな東宮、

未来の東宮に思いを馳せ、

微力ながらお祈りし、ささやかな「気」を発しております。


「やる気」とか、「その気」とか、

目に見えない「気力」っていうのが、人間には大切なのです。



病院へ行くと、「病気」の人ばかりで、

スポーツクラブへ行くと、「元気」な人ばかり。


もし、「病」を得てしまったら、適切な治療が必要ですし、

「狂気」となってしまったら、何より相応の対処が必要でしょう。



「気配」を感じられる方でなければ、繊細な作業ができぬように、

「気配」に鈍感な方は、世間を舐めた態度が出来てしまうもの。



さて、

本日、

皇后陛下のお誕生日会見の全文を知り、

感じてこそいたものの、落胆。


http://www.sankei.com/life/news/141020/lif1410200017-n2.html


皇后陛下の「気」は、世間には向いていないというお言葉でした。

きもののお姿は神々しいばかり...ですが、

国より、国民より、ご長男がお大切なのでしょう...。

(一部、そういうお気持が知られてしまう、会見内容でした)


だからこそ、

ご長男を庇い、ご公務に励まれていらっしゃるのでしょう...。

でも、それでは、「国母」とはなりえません。


東宮に対する国民の総意は、別のところにあるような「気」が致します。



日本の皇室を大切に思っていたとしても、

私のごとき一庶民では、ただただ、「気」を揉むばかり...。

まったく、どうすることも出来ませんが、


【BBの覚醒記録☆...】

【風に色をつかせる】

【わがまま親父の独り言、カナダで生きて】など、

力のある「人気ブログ主さん」の元に集まられる、コメンテイター様方の知性、

文章力、ユーモアに触れさせていただいては、

「うぅ、世の中、捨てたものではない!」  と、心を振るわせております。


これから、BB様の知性、見通し力、ユーモア、エネルギーに敬意を表し、

仕事仕舞いの前に、ちょっとだけ訪問させていただきまーす。



以下、【BBの覚醒記録☆...】

http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001


こちらの一刀両断ぶり、シニカルなユーモアが好き。

【わがまま親父の独り言、カナダで生きて...】

http://2002mar.blog.fc2.com/blog-entry-859.html


こちらの大人ぶり、表現、本質を見抜く知性が、とても好き。

【風に色をつかせるとき】

http://lisacerise.exblog.jp/20207425




(終)




最新コラム

このページのTOPへ