人として、してはいけないこと


本日は残念なことを書かざるを得ず、心が痛みます...。

平成26年3月19日のこと、

「marikoのブログー私の宝塚きもの暮らし」 というサイトに、

私の作品を 無断で画像加工されたものが、

廣野朝美の作品として掲載されてしまいました。


写真の画像は、明らかに、ブログ主さんならではのものであり、

反物の幅の余白もカットされていますから、まったく別物であります。

私の作品群は、

このようにベタなものはなく、全てが 「立体感」 を伴うものでございます。

右のものは、本来、刺繍なのですが、刺繍に見えますか...?



IMG_5544.JPG



身を削りながら制作している立場としては、ボーゼン...!

月日が過ぎたものの、

本件、お客様からの 「苦情や心配」 が増えるばかりですから、

最早、放置することはできません。

また、

心を合わせて下さっている職人たちの 「怒り」 を知ってしまうと、

「この画像の二点は、廣野朝美の作品ではありません!」

と、表明せざるを得ません。


ご丁寧に、

『でも、これはやっぱり誰のものでもない廣野朝美さんの世界なのよねー』

と、書かれてしまったので、

これには、職人だけでなく、

お客様も友人も、「違う!違う!これは、別物!!」 と、大憤慨なのです。



IMG_5543.JPG



かねて、こちらのサイトに私の事が書かれる場合、

嘘が散見していましたが、このことに対して、私は鈍でありました。


アメブロさんですから、記事はすぐに広まってしまいます。

気付いた時には遅いのです。

と、放置してしまったこと、


「セルフプロモーション...?」 と、傍観してしまったこと、

今になって思うと、

白けずに、きちんと申し入れておけば良かった...と、悔やまれます。



以前、私の 「書籍が欲しい...」 とのお電話をいただいたことから、

プログ主さんとの交流が始まり、

この方の、「画像編集能力」 を承知しているだけに、とても悲しきこと。


撮影もお上手で、

撮りっぱなしの私に、画像加工を勧めて下さるほどの腕前ですから、

ご自身のものは、より綺麗に画像加工されていらっしゃいます。


お着付けのお勉強もしっかりされ、

お着付けを丁寧に教えていらっしゃるという良さを思うと、甚だ、残念ですが、


私の作品として、

ご自身が別物に加工されたものを掲載されてしまうのは、行きすぎというもの。



本件、「鈍は罪...」 と、自分の迂闊さを、深く反省しております。



(終)


脚本家「井沢満氏」のブログです。

http://blog.goo.ne.jp/mannizawa/e/75d77bf19f511c165ee0b3fbffe7546b




最新コラム

このページのTOPへ