何が起きるかわからない...


御嶽山の噴火に、思いっ切り、驚く。

命を落とされた方には、

間が悪いというか、言葉がありません...。

この場を借りて、心よりご冥福をお祈り申し上げます。(合掌)


今回は、多くの方々が下山されたので、

今後の事故対策に、政府は本腰を入れて欲しい。


ただでさえ災害の多い国なのに、

民主党が政権を取って以来、災害対策への予算が大幅に削られている。

(地形にあった政策というのが、あってしかるべき...)


「備えあれば憂いなし...」 は、

日本人の先見性、風土がもたらしたものでしょう。




IMG_6566.jpg



母が健在だった頃、

よく、包丁を渡され、栗の皮を剥かされた。

皮が固いので、5キロも剥かされると指が痛くなった。

それでも、褒められるのが嬉しかった。


「渋皮煮」「きんとん用」「甘露煮」 と、たくさん拵える家であった。

たくさん拵え、親戚やご近所、お得意先に配るのです。


年がら年中、

取り寄せものも含め、何かを拵えては差し上げていたので、

娘の目から見ると、配る...という感覚でした。

素敵な器や美しい箱に詰め、車でお届けするのです。


母のようなスケールではありませんけど、

これは遺伝しているみたい。




IMG_6334.jpg



本日のお昼、肌寒いので、カレー南蛮。

冷凍庫の牛すじとお出汁が効いて、とても美味しい。

こういうのを作らせたら、天下一品...と、自賛。 バカね。



IMG_6578.jpg



それにしても、

御嶽山の噴火で、ふと思うのだけど、東京は「富士山」 が近いのだった...。

こちらも、いつ、噴火してもおかしくない。


東北大震災の揺り戻し地震とて、いつ襲ってくるかわからない。


直下型地震、集中豪雨、竜巻も...。



あ、

来年の2月には、忘れてはならぬ、 「舛添のリコール」 があった。

これは、絶対ね!


舛添は、外国の銀行を儲けさせることが大切...と、言ったり、


都の公金を、株などで運用したい...と、言ったり、


朝鮮高校の設置やら何やら、あの国とあの国のことしか頭にない模様。


それに、

舛添が張り切っている、ヘイトスピーチって、あれは、何なのでしょう。


日本側が、お下品なヘイトスピーチをされ続けている事実は、どうなの...?


国旗を燃やされたり、なりすましされたり、もう、滅茶苦茶よ。



テレビは、案の定、舛添を擁護していて、

まずいことは、一切、報じない体制でいるの。


朝日新聞が、原発事故の時に、 「管直人」 を守った時と、同じ姿勢ですな。


敬称略...というより、呼び捨てにせざるを得ません。



何だか、コーフンしてきました!


長くなってしまうので、本日終了!




(終)




最新コラム

このページのTOPへ