災いは、口より出でて身を破る


日本中に「舛添炎上!!」 の文字が踊る中、

朝からたくさんのメールをいただく...。

日頃、政治に興味のない「おばさん達」が、怒っています!


いつもと違う長文のメールに、怒りのほどが込められていて、

その絵文字が、凄いの何のって...でございます。



IMG_3478.JPG


さて、

冷や奴用の「まぐろ節」が、今朝から新しくなりました!

開封仕立ての新鮮さに、鼻の穴が広がっちゃいます!



IMG_3604.JPG



冷や奴、クロワッサン2個、梨(幸水)、コーヒーの朝が済むと、

お掃除、水遣り、お素麺のおつゆ作り...等々。

お昼には、

人形町「おが和」さんで、邦子さんと1時間だけのパワーランチ。

食後のコーヒーの30分が、特筆すべき、おとなの会話タイム。

たった1時間が、こんなに「充実」するものだなんて...。



IMG_3485.JPG



午後からは、更に勢いを増す受信数でしたが、

韓国行きは、やり過ぎたのです!

少し思慮深い人なら、

安易に想像のつくことを、一気にやってしまったのですな。

しかも、「都の議会」にも掛けずに、独断で...。


えっ!?と、驚く「悪事」より、

如何にもやりそうな「悪行」を、スッとやられてしまうと、

「やっばりねぇ...、どうして当選させちゃったのかしらねぇ...」と、

やりきれなさが募ります...。



こんな体のことを、

大企業のサラリーマン社長がやったとしたら、

会社はどうなる...? 社員はどうする...?



「きっと、やらかすだろう...」と、危惧していたことを、臆面もなくやり過ぎた男は、

今頃、焦っている風情...。

国民に対し、タカを括っていたことへの反省より、

どうやって「知事の座」を死守するか...と、そのことに集中している様に見える。



詭弁連発、問題のすり変え、発言のすり変え...という得意芸も、

今は昔...。 日本の国民は、冷ややかに、冷徹に見ています。

佳きも悪しきも、

「過ぎたるは及ばざるが如し」の国柄であり、何より、嘘を嫌う国民性なのです。


なのに、

「90%発言...」という、「大嘘」まで犯してしまったのですからね、

(東京都民の90%以上は韓国が好き...? この嘘、ホント?)


根拠なき数字に怒った国民は、

ご家庭で、会社で、友人同士で...と、

寄ると触ると、

「怒り心頭会議」「井戸端会議」をする様になってしまったのです!



IMG_3637.JPG



政治の世界に、「なりすまし反日議員」 が根を張って以降、

優秀な人材は、政界に興味を持たなくなってしまいましたが、

幾つもの春秋が過ぎ、

政界に工作員が多数入り込んでしまった今、(自民党にも...)

政界のみならず、

官界、法曹界までが、反日の人材に入り込まれています。


しかも、

教育界のひどさといったら、あまりにも...のひどさです。

九州のある学校では、

反日教育の為の「25,000円韓国ツアー」を企画、広告を打ち、

目下、大問題となっています。


私立女子校の反日教育も、ひどい!の一言。色々と取り沙汰されています。


その上、

自衛隊にまで、反日の影響が及んでいると聞くにつけ、

工作員の増殖は、別な手の戦争方法...と、感じざるを得ません。



猪瀬都知事の、5000万円辞任劇では、

連日連夜、あれほどに騒いだマスコミでしたが、

国民が知るべきニュースは、スルー。

中韓に都合の悪いニュースは、隠蔽。

国民は、本当のことを知らされていません。


今後、舛添問題の報道ぶりはどうなるのでしょう。


NHKは、民放と同じく、

今回もおかしな報道をし、受信料を払っている人々を怒らせています。


また、

先日は、大越キャスターが、慰安婦問題に絡み、「日本が強制連行した...」

と、真顔で、嘘の発言。 これが、国営放送...?


苦情に対し、NHK側は、「個人の見解...」と、平然したもの。


何も考えずにTVの前に座っている人々は、嘘を信じてしまいかねません。


NHK解体!が叫ばれるのも、当然のこと。




IMG_3696.JPG



今や、ネットのお陰で、

情報操作もいい加減にしなはれ!という、

真実に気付いてしまった国民が、多数現れています。


国民の知る権利は、報道の自由の「曲解」から、行使されていないことが

知れ渡ってしまったのです。



私たちは、

今回の一件で、

心から、「日本を取り戻す...」という決心をしなくては、

どうしようもないところまで来てしまっている...と、思い知らされました。



まだ、昭和の時代に、大宅壮一郎氏が喝破した、

【一億総白痴時代】 という「強烈な一撃」に気づきもしなかったツケ、

そのツケが、今の凋落なのだと思います。



でも、思うのです。

今回、舛添問題が起きたことで、

国民の多くが「覚醒」したであろう...と。


政治に無関心であってはならない...と。



IMG_3621.JPG

IMG_3626.JPG

IMG_3634.JPG



都民は、舛添知事誕生の折り、

日本中の「国を思う人々」からバカにされ、呆れられ、蔑まれましたが、


またまた、

「あんな男を当選させるなんて...!」と、蒸し返され、


「都民の皆さんは、どういうお気持なんですか?!」

と、

更に、バカにされるのと同時に、

東京都のマイナスは、日本のマイナス! これ以上、国益を損なうな!

と、

当然ながら、リコールの声が上がっています。



つまり、

それほどに、都知事の韓国への隷属振りが酷かったということ。


よくも、よくも...と、

歌舞伎であれば、役柄的に命がないでしょう。


別に、元気で長生きされてもよいのですけど、

もう、

あの人に、政治の「せの字」も語って欲しくないし、

早々に、引っ込んでいただきたいもの。




IMG_3536.JPG



リップサービスのつもりか、

それさえも度が過ぎた知事は、父親が選挙に出た時の広報写真を

韓国で見せてしまう...という、やり過ぎなのか、卑屈なのか、弁明なのか、

その行為の本意はわからぬものの、

嘘もOK! 何でも言っちゃう! 韓国の政府に、そのことを公表されてしまいました。

(当時は、在日の方も、ハングル文字列挙で、選挙に出られたのですね...)


公表は、計算外だったでしょう。


この件、

韓国側にとっては高評であり、好評かもしれませんが、

日本側にとっては、言いようのないことでしかありません。

(なぜ、このタイミングで、こんなことをするのでしょう...)


媚びているのか、

噂のキックバックとやらをつり上げるための芸なのか、知るよしもありませんが、

臭うものがあります。


「自分のことと、自分のお金のことしか、彼のアタマにはナイ...」ということ。



IMG_3537.JPG



何をどう取り繕っても、悲しい男...としか映りません。

(TV画面に映って欲しくない...と、みんな怒っているのです!)


やり過ぎてしまったのです。

結果、

反日プロパガンダに侵されていた庶民も、気付いてしまったのです...。



選挙の時以上に、

消せぬ過去が飛びかっていますが、

自民党は責任を感じ、

善処せねばなりません。


民主党が、「責任をとらない政治」をした為に、

近頃は、その辺りが悪い方に麻痺していますが、

責任は責任。ついてまわるのです。



【責任逃れ...】

これを、日本人はよしとしません。


今回の越権行為は、議会制民主主義の政治を飛び越える勝手なものであり、

国益を損なうもの。 決して、見過ごすことなどできないのです。



この上は、

都民も、

世間の皆様に恥ずかしくない行動を取らねばなりません。

都民として、有権者として、それなりの「落とし前」はつけましょう。



★★★

東京都都庁、「都民の声」窓口  

TEL 03ー5321ー7725

平日のみ 9:00ー17:00


★★★

井沢満さんのブログ

BBの覚醒記録ブログ

私としては、こちらをご一読の上、個々にお考えの上、行動を...と、思います。


今回ばかりは、生まれて初めて、都にお電話しましたが、

明日、お二人のブログから、別の行動を取る予定...。




今になって思うと、

ハゲ添えとか、ゲス添えとか、エロ添えと渾名される当選前の舛添候補に対し、

自民党の小泉進次郎クンの態度は、偉かった!と、思うの。



IMG_3640.JPG



元奥様の、片山さつき議員も偉かったけど、

選挙戦たけなわの最終戦の段階で、石破幹事長に説き伏せられてしまい、

何とも言えぬ表情で、応援の壇上に上がらされていたのを、文春か新潮の

グラビアで見た記憶があります...。

(何とも言えぬ表情のお気持ち、勝手ながらお察し致します...)



IMG_3642.JPG



昔、若く、まだ純情だった頃、

創価学会員の勧誘に悩まされたことがあります...。


その時に置いていかれた、経典?のようなミニ冊子の中に、


【災いは、口より出でて身を破る...】 という箇所があったのですが、


なぜか、その部分の一行だけが、脳裏に残っています。


(長く、一緒に暮らした「叔母の嘘...」に呆れていたので、ヒットしたのです)



舛添さんも、

毎度のことながら、お口が災いしましたね。


知事ならば、国際親善までよん。


反日国に媚びへつらい、その姿を世界中にばらまかれ、

勝手に、「利益供与」を決めてしまうなどの権利は、あなたにはありません。

外交は、あなたの仕事ではないのです。




IMG_3552.JPG



第一、韓国は同盟国ではないでしょ。

あちらは、反日無罪を言って憚らぬ上、始終攻撃されている日本からみて、

「韓国と我が国は同盟国...」 っていう虚言、妄想、

これを、朝のTVでヌケヌケと言うセンスには、呆れるばかりですな。


「虚言症」の人はいるでしょうけど、政治家の虚言症は、国益を損ないます。



日本では、

【嘘つきは、泥棒の始まり】 という、教育的指導がございますんです。


【バカも休み休み言え!】 っていう、戒めも...。


ねっ!



それにしても、

呆れ果てたる男の行状に腹を立てていると、もの凄く、暑さが増します。



皆様から長文メールを多数いただき、

日本を思う気持...、

そのことを共感しあえることがありがたく、心から感謝申し上げます。



皆、単に怒っているのでなく、

お一人お一人、心が痛いのです...。


その痛さが、胸に突き刺さるのです。


そして、

自分の気持に気付くほどに、祖国への思いが増幅し、

無力感に萎え、

一秒、一刻、

腸が煮えくりかえるほどの怒気が、湧き上がってくるのです。



うぅ、皆様の怒気エネルギー、発電に使えず、誠に残念!




(終)





最新コラム

このページのTOPへ