説教オバサンは走る...


体調不良から一夜明けると、少しは快いものの、今ひとつ...。

お目々が窪んでいて、ドス黒い顔をしています。

こんな人相はイヤヤけど、

健康管理がなっていなかったのだから、仕方ありません。


パソコンを開けると、ブログに訪問して下さる方からメールが...。

内容的にちょっと気になるので、すぐに返信し、お電話でお話することに...。




DSC04352.jpg



頭も良く、優しい女性だと思うけれど、

結果的に、電話はお説教タイムになりけり...。


誰にでも親切にしたいと思って生きておりますが、

見知らぬ女性に、電話でお説教するなんて...と、少し、消沈...。


お部屋を出る前にパソコンを覗くと、そこには、女性からのメールが!

拝見し、一気に、心がバラ色になりました...!!


愛情も、真理も、ちゃんと伝わるのですねぇ。


何も伝わらぬ人もいますからね、 とても嬉しい朝でした!


心が触れ合えたオバサンは、勇気百倍です。


朝のうちに仕事を詰め込み、

夕方からは、 「オバサン細雪のその後編...」 を演ったり、

狭い京の町を走り回る一日でした。


でも、思うの。

着物の時は、走ったりせず、おっとりとしているのが美しいのよ...って。

(そして、荷物を持ったりしないのがいいの...)



この頃の私は、走ってばかり...。



(終)






最新コラム

このページのTOPへ