入れ替わり立ち替わり...


朝一で鍼治療...。

少し休んでから仕事場入り。

「せんせ、今日はいらっしゃる...? お赤飯と田舎のお餅をお届けしたいの...」

「私もね、たった今、お取り寄せが 届いたところなの...」


それでは、お早いうちに...と、20分後に熟女ご登場!

(私のところは、熟女ばかりです)



051112.JPG

051111.JPG

051110.JPG



お茶請けに【初鰹】と【筍の山椒煮】で、たわいもないおしゃべり...。

「せんせ、 何て美味しい鰹かしら...」

「本当! ね、ちょっとだけ、白いご飯もいただきましょうよ」

「うふ、私ばっかり...」

「あら、私も一緒よ...」

初鰹は香りがあり、筍の山椒煮の美味しさったらありません。


毎年、母の日に用意する「初鰹」(母の好物)ですが、

昨日はお肉だったのでお供えだけにし、今朝、贅沢しています。

(おもたせのお餅は水餅に、お赤飯はお三時に蒸かします)



051109.JPG

051108.JPG

051107.JPG

051106.JPG



お昼、冷蔵庫の残り物に「平鯵」を焼いただけ。

(昨夜の冷やご飯を利用したお粥で、簡単に...)



051105.JPG

051104.JPG

051103.JPG

P1010103.JPG



お昼前に「熟女1号」が帰られると、

次から次にお電話があり、「熟女5号」までが打ち揃うという壮観...。

粋な間合いと瞬間芸で、笑いの絶えない午後でした。


私は皆さんを知っているけど、皆さんは知らない同士。

なのに、バッチリと呼吸の合うところが、江戸っ子の良さですな。


夜、アルバイト嬢が気を利かして手伝ってくれましたが、

半月振りに、盛大に器を使ったせいで、洗い物がいっぱい。

(実は、写真の二倍なんです)


皆さんに云われたように、私の右手って、働き者だったのね。

(労ってあげよう、私の右手...)


これからは、大根の千切りなんてやめて、お葱のお薬味切りもやめて、

「ぶつ切りの女!」 で行こうかしら...ね。




051101.JPG



今宵、

最後に真面目な話をひとつ...。


ウイグル人への中国共産党の迫害、これは、本当にひどいこと...。

勝手に「新疆ウイグル自治区」 なんて名前をつけて、弾圧し、殺し、許せません。

日本のマスコミは、追随するような報道しかしませんし、全く、嘆かわしい...!


近頃、わが国では、

移民政策では国民の支持を得られぬから...と、

特区を作って、外国人の労働力を獲得するっていう話が起きています...。

外国からの労働力って、殆ど彼の国のことでしょ。

一体、どこの回し者が、こんなことを言いふらしているのでしょう。

馬鹿げています。


世界中で失敗したことを、わざわざやろうとするなんて、気がしれません...!



さてさて、

本日は撮影(きもの関連)のタイミングを外してしまいましたが、

ミラーレス一眼を早く使いこなしたいオバサンです...。


オートで撮っても、露出とホワイトバランスが意外に難しいの。

バカチョンカメラ愛好家は、日々、振り回されております。


左手だけの入力、左手で握る包丁、他にも 左手に頑張って貰う生活、

いつのまにか慣れ、慣れてしまえば、それはそれなり...。


右肩は少しずつよくなっているので、

6月初旬の完治を楽しみにしておりまーす。




(終)



最新コラム

このページのTOPへ