夢子宅配便


昼食、ハムとレタスのシンプルなサンドウィツチ。

アクセントのドライトマトのオリーブオイル漬けが、私的ヒット!

たまに、こういうのもいいですね。

(ドライトマトは、気立てのよいアルバイト嬢の作) と、ヨイショ。

ヨイショでなく、気立ての良さは本当なんです。



DSCN4521.JPG



★以下、お料理タイムのこと。

お掃除のあと、昨夜から浸水させておいた餅米6合を蒸かします。

お隣のコンロで、鶏肉、椎茸、ささがき牛蒡を炒め、

今日はお酒1合、お醤油適当の味つけをし、

最後に貝柱の缶詰を缶汁ごと入れて炒め、まずは具を仕上げます。

餅米が6分程度に蒸し上がったら、

先の炒めものが入っている大きなフライパンに移し、サックリと混ぜ、

具と混ぜ合わせた餅米、缶詰の銀杏を加えて、再び蒸し器に戻し、

柔らかめに蒸し上げて、完成!

★こちらは、

2年前に作った、「幸せを呼ぶ手料理」にも掲載しておりますが、

亡くなった母の味です。



DSCN4320.JPG


DSCN4529.JPG



ところで、

今回のは、全て差し上げ用です。

あいにく素敵な紙箱がなく、(色気のない箱しかなかった×)残念でしたが、

こういうことをしている時の「楽しさ」 ったら ありませんね。


今日作り、明日の朝には関西に届いてしまう愛情は、ヤマトさんのおかげです。

(漢字で「お陰...」って書くと、意味深長に、お陰って思うのでございます)

ヤマトさんは気持のよい方が多くて、いつもいつも感謝しています...。



DSCN4534.JPG


DSCN4541.JPG


DSCN4507.JPG



荷送りの後は、カステラで気合い!

深夜までよく働きました!


それにしても、

若い頃に比べ、仕事のペースが遅くなって悲しい。

へっぽこ振りは年増の勲章、

なんて、近頃、友人たちと慰め合っています...。


今年は体力作りが課せられていて、なかなか厳しいのですが、

痺れる右手が持ってくれるよう、頑張りたいと思います。


ひとつとして頑張れなくなったら、その時が死ぬる時。


そんな風に感じます。



(終)




最新コラム

このページのTOPへ