こんなことなら...


寒中、可憐に咲く白玉椿。

雪が降り注いだので、今朝は水遣りせずに目を遣ります。 

 

 

DSCN4178.JPG

DSCN4189.JPG

 
さすがのあまおうは貫禄。

昨夜の残りの牡蠣フライをオーブンで焼き、切り出しゴーダチーズを。
簡単な豚汁の底には、一緒に焼いた玄米餅を一枚。


DSCN4210.JPG

DSCN4226.JPG

  

二番だしでも十二分に美味しい、残り野菜の豚汁。
お味噌を溶かしてすぐの「煮えばな」の美味しさよ。
水餅にしてあった玄米餅、こちらも蕩ける美味しさ。
お外では戴けぬ手料理の味です。 

  

DSCN4218.JPG

 

インカのめざめとベーコンを鋳込んだシャンピニオン。
しっかり焼いて、最後にバターを少々。コーヒーで。


DSCN4258.JPG


あーあ、ご心配いただく前に、既にスベリました。
昨日はスプリット開脚で済んでいますが、
本日は、やりました! 

 

DSCN4197.JPG

 

冬季、おやつの麩まんじゅうは焼いていただきます。
笹の香りがなかなかよいものです。


DSCN4262.JPG


 

個人攻撃はしない主義ですけど、政治家に関しては例外があります。

管直人とかね。

今、
政治を気にしている女性にとって、舛添要一ほどの嫌われ方もありません。

60年も生きて、私はこれほど人相の悪しき男を見たことがありませんが、

老いも若きも、みな同じことをおっしゃいます。

でも、大丈夫。 (大丈夫...?)

4月、5月は、バッシングの大合唱でしょう。

創価学会、公明党、自民党の親中派・親韓派・日教組・連合が

メディアをあげて、どれくらい舛添要一を守るかはわかりませんが、

願わくば、頃合いの秋に「再選挙」となってほしいもの。


『こんなことなら、猪瀬でよかったのに...!』 の声、続出です。


その気持、わかるわぁ...。

 

 

 

★井沢満氏のブログ、

舛添要一のこと、子宮頸がんのワクチンのこと、ぜひ、ご一読を...!

 


(終)

最新コラム

このページのTOPへ