自然の法則


自然の法則っていうものは、ちゃんと存在する。

そのことが、今回の都知事選で感じられて嬉しかった。

都民の多くは未だ眠っているが、

2割近くの都民が、確実に「覚醒」し始めているのです。

世の中、捨てたものではない...と、先々に思いを致すのでございます。

 

と、アブちゃんの絵手紙の中は、春の香りがいっぱい。

こんな風に絵手紙が書けたら、描けたら...、それは素敵ね。

一緒に習いに行きたいけれど、今の私にはその時間がない。

萩原朔太郎の「フランスがどうのこうの...」 という詩の一部を思い出し、

せめては、「軽羹まんじゅうでも喰らわんか」 の午後、

むむむ、むむむ、むむむ、新たな怒り、勃発!

 

 

DSCN4121.JPG

DSCN4105.JPG

 

 

ハテ、

人の相というものは、かくも その人の心根を現すものであるか...と、

【韓国にアルバイト?に出かけた疑惑?】の「村山富市」を見て再認識。

左翼思想に汚れ、今また、のこのこと恥さらすものぞの醜さに、血圧が上がる。

(こんな男のために血圧が上がるなんて、不本意!)

 

この、およそ地頭のおよろしくなきと思しき「老醜」の哀れさよ、

美から外れすぎたものは載せぬ主義のサイトなれど、例外的に晒してみむ。

この悪人に、長い眉毛の好々爺...などというキャッチは、最早、ない。

 

  DSCN4127.JPG

DSCN4146.JPG


笑ってもイヤな顔というのは、

最近、都知事になったあの男だけではなかったのね。

後ろの人たちの目つきも、美からはほど遠い...。

他にやることあるはずなのに、もうもう、国賊以外の何者でもない。

 

 

2/3、杉田水脈議員が、国会で要求した河野太郎とNHKの会長の参考人招致、

自民党は、これを認めなかったけど、

 

本日、中山成彬議員が、同じく、河野太郎と村山富市を国会喚問に...と、要求。

 

公明党(創価)が財力にものを言わせて張り切りすぎているし、

親韓・親中派議員の多い自民党はどうしようもない。

でも、見ている人は見ています。

維新の会は、ドンドンドンドン、

何度でも何度でも、河野太郎と村山富市、この二人の呼び出しを言い続け給え!

偏向報道のNHKも!

 

 

河野談話は、いい加減な調査に基づくものだった証拠がはっきり見つかり、

しかも、韓国側が文書に手を入れ、韓国の要望が盛り込まれたものであることの

証拠も見つかり、

今年になって、【産経の阿比留瑠衣氏】のスクープで知らされてしまったというのに、

政府もスルー、NHKもそのことを報道しない。

マスコミは知らない振りを決め込んでる。

 

本当におかしいわよ、この国は。

私の周り、

お白砂で、この二人の国賊の話を聞くまでは...と、怒っている人ばかりよ。

 

嘘をついてもいいのです...なんていう精神、日本民族にはございませんの。

 

今年一番の、この怒り、

 

どこへ持って行ったらよいのかしらん。 

 

 

(終)

 

 

最新コラム

このページのTOPへ