経営哲学


明治から昭和の花柳界華やかリし頃...、そのことを今も感じさせてくれるのが、

「柳橋」という街の名。

日本橋から眺めると、両国橋の先、

その柳橋を、「柳ばし...」としているところが色っぽく、心憎い。

子供の頃から知っている【逸品会】のお菓子は、吹き寄せやおかきなど、文字通り、

昔ながらの逸品が多い。

して、店主敬白の文字が泣かせてくれる...。 実直な経営哲学だと思います。

 

 

DSCN4275.JPG

DSCN4270.JPG

 


もし、仕事に対する姿勢を尋ねられたら、私は「信用第一」を掲げます。

誠実に、真面目に、温かさのある仕事をしたいと考えております。

 

引き締めムードな本日、もうすぐ2月ですものね。

陰陽五行の世界では、2月からが新年となります。

 

 

さて、

NHKの新社長、「腐りきったNHK」をどこまで変えられるかが心配ですが、

骨のありそうな方で、ひとまず安心。

 

記者会見を見る限り、マスコミは最初から意地悪な「ひっかけ質問」をし、

相変わらず「言葉尻」をとり、まるで性格の悪い小姑以下の態度である。

 

就任会見で、慰安婦について質問するなどバカげているとしか思えませぬ。

編集なしの全編を見れば分かることだけど、惨い会見であった。

 

記者の嫌がらせにきちんと対峙した新社長に対し、

早速、民主党が噛みついているけど、

最早、中韓寄り人たちの段取り芝居には飽き飽き。

あの人たち、他にやることあるのにね。

 

朝日、毎日、東京の記者は、

慰安婦とか憲法9条とか言っていないと、人事評価が下げられちゃうのかしらん。

 

合コンに行って、初対面の人に、慰安婦どう思う...?って、質問しているのかしらん。

公共の電波を使って、揚げ足取りするなんて、情けないことしてはあきまへん!

いつまでも反日を哲学にしていると、今後、どうなるかしらね!

  

購読者、視聴者との乖離に気づいていないとは思えませぬが、

通信簿は他人がつけるもの。 もうもう、あんぽんたん過ぎて、話になりまへん。

 

新社長、NHKが美しく解体できるまで、戦っておくれやす!!

どうか、辞めずに気張っておくれやす!!

 

NHK経営委員のおひとりであられる百田尚樹さま、

どうか、新社長を支えて差し上げておくれやす!!

 

 

善良な市民は、引き続き、冷静に見守っております...。

 

 

 

(終)

 

 

 

最新コラム

このページのTOPへ