愛くるしさ


ご相談に見えた女性の愛くるしさに感動する一日...、

生まれて初めて、愛くるしい女性にお会いしたのです。

今の世の中、愛くるしい女性なんてどこにもいませんからね。

佇まいも笑顔もですが、一挙手一投足が愛くるしいのです。

しかも、アラフォーだなんて。

 

古風な私は、愛くるしさが死語でなくて、ホッとするのでした。

 

DSCN3278.JPG

DSCN3285.JPG

DSCN3444.JPG

DSCN3430.JPG

DSCN3474.JPG


仕事場にある何もかもが愛くるしく見えた一日、

可愛さと愛くるしさの違い、

この大きさを見せつけられたのでした...。

(あなたはね、生涯、愛くるしくいらして下さいませね...)

 

いつもそうですが、正直な人には、私情が入ってしまいます。

私情といっても、単に、サービス過剰になるだけのことであって、

こと分析となると、至極冷静。 いやいや、冷徹かもしれません。

そうでなければ、

陰陽五行にロックがかかってしまい、正しい分析ができないのです。

 

本当のことは得てしてキツイですけど、必ず対策がありますからね、

私はそこに焦点を当てています。

 

ちょっとキツイかなぁ...と、言葉を選んでお伝えすると、

そこにはたいてい笑顔があります。

みなさん、ご自分のことはおわかりなのですね。

誰にも知られたくないことほど、十分に認識されていらっしゃるのです。

 

近年は、ご両親から教育を受けられない方が多く、

デフレが長く続きすぎたせいもあり、

40代の働く女性は、多くの方が岐路に立たされていらっしゃいます。

 

来年も、囁き女将として「ピンポイントなアドバイス」ができますよう、

「傾聴と共感」の楽しいセッションができますよう、

楽しい気分でご一緒し、笑顔でお別れできますよう、

私は精進するしかありません。

 

コンサルの仕事は愛がなくては成立せず、

カウンセリングに怠惰な心は許されません。

しかも、頭脳だけの論理は、一切通用せず、

しかし、基本は自然の摂理という論理からなっているのです。

 

論理を踏まえた上で、

相手への愛を忘れずにいると、

自分の居場所に、一期一会や、喫茶去の世界が広がっていきます。

 

いつもの気楽さで、空間に「よい気」が流れるのを感じる時、

元気や陽気に繋がる「陰陽五行が持つダイナミズム」が嬉しくなります。

でも、嬉しいだけでは単純すぎます。

お客様は信頼して下さっていますが、

私の立場は、どこかで試されているという側面もあるのです。

 

来年もまた、

慢心なく、愛が循環していくよう、日本人の知恵が循環していくよう、

もっと頑張りたいなぁ...と、思う、師走の28日、

 

愛くるしいのが無理な女は、男らしく生きるしかないことを悟っております。

 

もっと体力つけないと...!

 

 

 

 

(終)

 

 

 

 

最新コラム

このページのTOPへ