christmas...

師走は、日本中のホテルがお忙しいひと月...。

しかも、クリスマスは、MAX!!

日本人にとっては、この日は、ご馳走とプレゼントの日であり、ちょっとしたお祭りデー。

恋人たちにとっては、聖なるでなく、リッシンヘンの方の一夜ね。

あちこちで、メイクラブの花が咲きます。いかにも、『水』に囲まれた島国の模様ですが、

かの英国も、ご馳走はそこそこでも、それなりでしょう...。

 

なぜ、そうなるの...?

このことを陰陽五行で解説するのが大好きな私ですが、何度も言っているので、

今日はサイレント...。 

 

DSCN3809.JPG

DSCN3820.JPG

DSCN3822.JPG

DSCN3841.JPG

 

彼方、

南アフリカのスーダンでは衝突が激しいというニュース。

PKO、韓国軍のSOSから、国連経由の要請で、日本は韓国軍に銃弾を援助。

世界的人道的判断をした日本に対し、

韓国はトンマな意地を張り、『一時、借りただけ...』 などと、辻褄の合わぬこと あほらし。

 

此方、

東銀座では、歌舞伎の千秋楽となり、忠臣蔵の師走もいよいよ押し詰まる...。

 

閉館ギリギリ、久し振りにジムへ行くと、

恋をお休みしているお局クラスの面々が、やけに明るい。 

 

「わぁ、お久しぶりです!最近、お会いしないわぁ...って、お噂してたんですよ」

「ほんとにお久しぶりねぇ。相変わらず、いいオッパイだわ」(オバサンは胸を突く...)

 

すると、素晴らしきプロポーションのSお局嬢が登場。

 

「5年振りに、ロングブーツ買ったんです!4割引だったのに、これだけ1割引きなんです!」

「だって、素敵ですものね。しょうがないわよ」

「ふふ、細くて、ストン!としたのが欲しかったんです!」

 

「あっ、私も! 太い人がブーツインするような形って、あれ、嫌いなの」と、先のお局嬢。

「私も...。あれって、横からの形が美しくないのよね...」

と、言いつつ、10年も履いている黒スェードのバリーが古びていて、恥ずかしい。 

 

久し振り、入り口で交わした会話は、それからが面白かった。

パウダールームの顔ぶれも、ニコニコと話しかけてきては寛いでいて、

なぜか、低温やけどの痕をチェックして下さる。

見てないようで、見てるのね。

 

 

クリスマスの夜のジム。  デート関係に用事のない女達は、無邪気で屈託がない。

 

見栄を張って家に帰ったりせず、堂々と女だけの時間、運動を楽しんでいるのです。

お風呂もね。

 

私は私で、夜のプールのお陰で、右半身の息苦しさからすっかり解放され、骨が整うの。

 

男性並みに働いているお局様たちと、大晦日まで働く健気なオバサンのクリスマス...。

 

最後に、

昔は絶対に「原節子似の美女」で、現在、「腹せつこ...お人柄美人」の奥様との会話。

この3分に、私は年中、癒やされているのです。

なぜか、女学生になれて、心がパァッと開かれる3分間。

今宵、

可愛らしく純粋な「腹せつこ様」と、プールでの「自主筋トレ強化」を誓い合ったのです。

 

「閉館ギリギリシスターズ」として、来年も、パッと来て、サッと帰るのでしょうね。

 

早朝には早朝の、昼下がりには昼下がりの良さがあるプール。 

 

健康維持装置であり、元気の源泉はプールセット!

 

 

 

 

(終)

最新コラム

このページのTOPへ