ポテトサラダ

ポテトサラダを拵え、あまりの美味しさにもんどり打つ。

出来たてより、冷蔵庫で一晩置いた方が美味しいので、

(ハム、胡瓜、ゆで卵は、戴くときに和えます)

明日は、絶対、アルバイト嬢にも食べさせてあげたいなぁ...。


DSCN2555.JPG

DSCN2066.JPG


それにしても、

韓国が相変わらず無法なことを言い、無法千番な行動をとり続けている。

嘘をつくのが当たり前!という観念は、日本人にはないものであり、

道徳的と思えない。

なれど、韓国は儒教の国だというのだから、呆れてものが言えない。

日本人は、

相手に呆れてしまうと、その人には何も言わなくなってしまうけれど、

世界中に嘘を喧伝され、それに対して黙っているということは、

やはり、黙認したと見做されてしまう。

まったく厄介ではあるけど、正しいことを発信していかなければならない。

こういうことって、

自分も苦手なので、後手後手になるのも理解できるけれど、

政治家がリーダーシップを取り、無法には正論を突きつけなければ...!!

これは遅きに逸しているので、真剣に、丁寧に、ガンガンやらねば!です。

 

朴女史の態度を見ている限り、

慰安婦問題の嘘以外に、まだ 何か企んでいるような予感がします...。


サッカー通、キャスターの浅野久美さんによると、

サッカーの試合の折に、韓国が反日プロパガンダの垂れ幕を掲げる行為は、

5年ほど前からやっていた行為だとのこと。

ええっ! 5年も前から試合を汚す行為をしていたなんて、

そのことを報道しない日本のマスコミって、どうなんでしょう。

(そんな風だから、反日マスコミって言われてしまうのです)


ネットの力の大きさを、今更ながら感じています。

正義は、正義なんです。

黙っているだけでは伝わりませんね。


どんなに巧妙な嘘をついても、最終的には分かってしまうのですものね。

そのことは、個人個人の歴史、世界の歴史が証明しています。

アメリカが原爆を落とすことに決めた時の「極秘文書」にしても、

先般、イギリスが報道してしまったではありませぬか。


今や、韓国から60万人、中国から100万人、日本に住み着いています。

日本人は真実のありかを知り、自分がどこへ行きたいのか、

どうしたいのか、そろそろ、真剣に考えておくことが必要だと思います。


昔、大宅壮一氏に「一億総白痴時代」と喝破されてから、

たぶん、40年近い年月が過ぎていると思うのですが、

日教組が入り込んだ教育界のズタボロぶりは、いよよ表面化しています。

政界にも、多数入り込んでいますし、

ほかにも、民主党だけでなく、

自民党には国益に背く工作員の如し議員がたくさんいます。

(行動をみれば、すぐにわかります)


68年もの戦後政治を一年で改革するのは到底無理ですが、

日本の発展、歴史や文化を日本人の手に戻すには、国民ひとりひとりの力が、

声が、大切だと思うの。


便利なメールがあるのですから、

定期的に、自分の意見を首相官邸や総理府に送る...という方法もある上、

ご家族やお友達同士で、語り合うのもよいかと思います。


国が林業を大切にしなかったため、

法の隙をついて、中国人が森林を買い込んでいますし、

ボンヤリしていると、国破れて山河あり...という世界観も喪失しかねません。

(いや、国破れるなど、とんでもないこと)


『木を見て、森を見よ!』と、得意顔で言っていた、福田康夫元総理は、

今、なんのために、中国に行って個人商店外交をしているのでょうか。

あの人の時代に、

中国人留学生の基準を大幅に緩め、

以来、中国人留学生に 月々、16万円程が支給されているというのです。


経済の悪化で、仕送りもままならぬご家庭が多数あるというのに、

ゆとり教育で学力を落とした上、

尖閣、沖縄、北海道を奪い取らん勢いの国の留学生に、

よしよし...とばかり、手厚い加護を与えるというのでは、まさに本末転倒!


このことのみならず、

一度知ってしまうと、やりきれぬコトばかり...。


でも、諦めてはなりませぬ。年寄りは、若者の下葉にならなくては...。


こんなオバサンでも、書けば書くほど、正義の血がたぎりますな。


そんな訳で、

お昼に、キャベツが美味しい「一口かつ」の二段重ねとポテトサラダ、佃煮、

熱々の赤だしを戴き、

今日も元気に、怒っておりまーす。


おやつの「柿」を戴いたら、エレガントにね。

 

 

 


(終)


最新コラム

このページのTOPへ