つるべ落とし...

「秋の日はつるべ落とし...」って本当のこと。

現代にあっても、

晩秋の日の入りは早い。4時も過ぎれば、アッという間に陽が落ちてしまいます。

晩秋は、朝の日差しも力なく、東の空に太陽は低く弱く上がります。

よって、

本日はきものの美女に「弱き朝日」を、無理矢理 味わっていただきました。


DSCN1626.JPG

DSCN1697.JPG

DSCN1692.JPG

DSCN2366.JPG

 

そして、陽が落ちるや、一気に寒気が訪れます。

照明の点灯時刻も早まり、しんしんと冷えてきます...。

 

ブルッときた夕方は、「餅米のお蒸し」で暖まりますが、

本日は、冷凍庫の隅に隠しておいた塩辛くない「塩ウニ」を載せ、

おろし山葵をたっぷり天盛りに...。

うふ、美味しいお醤油をほんの少し垂らせば、口中桃源郷。

 

夜長は、秘密の原稿書き。

 

さて、

ホームページを新しくしたというのに、中身がスカスカで、反省しきり。

この反省、

何度目だろうか...。

 

ダメな女です。

 

 

 

 

  

(終)

 

 

 

 

 

最新コラム

このページのTOPへ