大人になるということ

ひとりの女性が大人になるということは...、ひと通りの経験が要ると思います。

ひと通りの経験といっても、

パーソナリティによって、その概念も内容も異なってきますから、

(長じて、必要となる) 一般教養、日本人としての常識という基本の他に、

自分ならではの経験...というものを、

女性は(男性も)知らず知らずのうちに経験していきます。

 

経験は女性を磨き、経験が女性に陰を差すこともあり

経験が洗練を招き、経験で品性をおとしめることもあります。

 

すべての経験をチョイスするのは自分であり、

誰かに流されて経験する場合も、流される人は 流されることを選んでいるのです。

 

経験とは、楽しいことも辛いことも、当事者ならではのオリジナリティに溢れていて、

しかも、当事者ならではのパターン化がありますね。

だから、

物怖じせずに、女はどんどん経験し、経験によって自分を楽しんでほしいと思うの。

(出来れば、人柄のよくなる経験を積みたきものですが...)

 

女性という二文字と、女という一文字、

この両方を兼ね備えた女性は、大概、どなた様も魅力的な人に映りますから、

良い意味での「経験者優遇」という概念は、今も古びません。

なんて、

今夜は、成長著しき大人の女性と過ごしたせいか、こんな諸々...を感じている次第。

 

 

DSCN1755.JPG

    【茎の処理も、美しく仕上がっているブーケ】

     『今日はお花にしたかったんです...!』 と、オバサン殺し。
     『あら、裏も綺麗なのねぇ、ちょっとお持ちになって!』 と、
     華奢な手をお借りする私の手は、労働者の青筋蜘蛛の巣。    

 

DSCN1787.JPG

 


女の子から女性に、ときに女に...。

可愛らしい色合いのブーケを眺めつつ、思うのです。

そして、

妄想の後は、「年下の女性たちの下葉になりたい...」 と。

 

世代交代の域に入ったのですもの、

痩せて、あまり肥沃ではないけど、みんなの下葉になるの。

ただし、

意地悪で嘘つきの女性は、こちら方面の下葉は素通り下さいませね。

 

 

 

(終)

 

 

 

 

 

 

最新コラム

このページのTOPへ