ファン心理

韓国海苔が冷蔵庫にあったのを思いだし、

今時、珍しいほど「性格のよい女性」の話を思い出す...。

 

DSCN1091.JPG

 

今夏、韓国俳優イ・ビョンフォンが結婚するという告知があり、

一切のスケジュールを秘密裏にしていた俳優が告知するのだから...と、

日本のファンは、「きっと、来て欲しいのかも...」と、慮り、

総勢360名ほどが 韓国の結婚式会場に出かけたという。

 

ところが、当日、会場のホテルでは、事務所の仕切りが悪く、

結婚式会場から離れた場所で5時間も待たされ、

挙げ句の果て、その場所に、イ・ビョンホンがひとりで登場...。

10分ほど、韓国語で挨拶をし、それで終了!と、なったらしい。

 

5時間も待っていた立ちっぱなしのファンに対し、

お水一杯のサービスもなかったというから、ちょっと驚く。

まだかまだか...と、ぎゅうぎゅう詰めで待ち続ける日本のファンをよそに、

事務所関係者は、目の前で、大きなボトルでお水をがぶ飲みし、

知らんぷりだったという。

 

当然、日本からお祝いに駆けつけたファン達は怒り、

その後のお食事会では、非難囂々だったらしい。 

 

DSCN1111.JPG

 

「あんなやり方をするのだったら、告知などしなければよいのに...!」

「結婚式なのに、どうしてひとりで出てくるの? 普通、二人でしょ!」

「嫁が半日女優なのよ!」

「もう、ファンなんて、やめるわ!」と、プンプンした人が続出したという。

 

そして、

「ね、聞いて下さいよ。日本のファンの人達は、殆どの人が会場のホテルに

泊まったんですよ。お祝いも含め、みんな15万くらいは使っているんですよね。

5時間も待たせて、お水一杯出せないなんて、随分、バカにした話でしょ...。

お水なんて、3万もあればそれで済むことなのに、それも出来ないなんて、」

「ほんまやねぇ...」

 

「それに、出席者の1000人のうち、親族が800人なんです。

親族が800人ていうの、韓国は凄いですよね。

しかも、親族が上席なんです。

親族の後方に、仕事関係が200人くらい、あとは、報道関係の人達で、

私たちはただの「出待ち扱い」だったんですよ、その扱いがひどいんですよ」

 

「あらー、ガッカリねぇ。もう少し、やり方があったでしょうに...」

「そうなんですよ。それでね、みんな怒っちゃって大変なんです」

「私ね、週間文春で結婚式の記事は見ていたのね、

だけど、ファンの人達にしてみるとね、色々あったのねぇ...」

 

長く売れず、日本で人気が出てスターになったイ・ビョンホン、

40歳になって、ひとりで登場したのでは、ファンをなくしても仕方ないなぁ...。

 

でも、目の前を通ったナントカという俳優さんが、凄くかっこよかった...という。

せめてもの慰めに、すらっとした俳優さんを眺められて、ヨカッタヨカツタ!

 

あの日のお別れ際、

「炊きたてのご飯に、クシュクシュって、揉んで召し上がって下さいね!」と、

韓国海苔を渡された私。

ハイハイ、

本日、傷ついた「ファン心理」も、一緒に味合わせていただいております。

 

凄ーく怒っているのに、話し方が爽やかで可愛らしい女性、

ジムでお会いする度に、和ませて貰っているの。 (謝々)

 

しかし、

告知だけで出かけてしまう、日本のイ・ビョンホンファンたち、優しいなぁ。

800人に負けていません。

 

 

 

 

 

 

(終)

 

 

最新コラム

このページのTOPへ