代用なるもの

昼は後にずらし、とりあえず、お芋をふかしましょう...と、

本日のお昼は、お芋の代用食。

お芋と果物でお腹をごまかし、

3時頃、落ち着いてからお蕎麦を茹でましょ...、と、思っていたら、

これが大失敗!

お芋がふけるのに、バカに時間がかかるので疑心暗鬼な気持でいると、

不安的中! 苦く苦く、あくまでも苦すぎるお芋さんだったのです。


DSCN1087.JPG


うぅ、すぐに口をゆすぎ、苦さ緩和とばかり、冷蔵庫の洋梨に助けて貰います。
次いで、焼き菓子で気分を変えます...。


DSCN0766.JPG

DSCN1064.JPG


お菓子の後、丁寧に歯磨き&嗽をしたのですが、

それでもまだ苦さの残る「アクの強いサツマイモ」に辟易...。

7本→100円という「特価の意味」を知るのでございました。

時に、もやしの30円、エノキダケの50円はあり得るけど、

サツマイモ、メークイン、里芋の特価を信じてはいけないと思うの。


結果的に、

何をどうやっても、苦みから解放されないせいで、

(今も、苦みばしっております...)

お喉までが痛くなり、

「代用」という言葉の意味を、深ーく知ることとなったのでざいます。


サツマイモの、あまりにもひどいアクの強さに驚き、

ふと、

近年、驚いた、「アクの強い女性」を思い出し、なんだか可笑しい...。

 

ひと(人間)のアク...、こちらは、また、格別なるものなり。 

 

 


DSCN1034.JPG

 一時間後、
身体の胸から上がアクの苦みに耐えかね、お蕎麦少々で後追いランチに...。
常備菜とお薬味二種で、俄に【すだち蕎麦】と、シャレ込みましが、


DSCN1038.JPG


すだちと大根おろしのお陰で、お喉が楽に...。

きっと、身体のウィークポイントに、「アク」が入り込んだのね。

歳だなぁ...。

抵抗力の低下を感じざるを得ません。

この後、蜂蜜 を ひと舐め!

 

 

 

 

(終)


最新コラム

このページのTOPへ